アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty goods

スキンケア化粧品は使用期限を守って使う

投稿日:


女性にとってスキンケアをする時間は一日の中で特別な時でありたいですね。

019f5c12b04fbc4fbc4aea64fc6dc796_s

鏡の前に座り今日の素肌にチェックを入れ、気になる部分が無ければホッとした気持ちで化粧水に手を伸ばします。
そして手のひらやコットンにたっぷりの量を取り、お肌に浸み込ませた時の何とも言えない心地良さは誰にも邪魔されたくない至福の時のように感じますね。

特にそれが就寝前であれば気持ちは完全無防備の状態にもなりそうです。

そんな幸せな気持ちにさせてくれるスキンケア化粧品ですが、その使用期限について考えた事のある人はどれ位いるでしょう?

スキンケア化粧品に使用期限はある?

かなり前に購入していた物でも開封前であれば、フタを開けていないという安心感もあり何となく使ってしまいそうになるものです。
確かに化粧品の多くにはその期限が表示されていないので意識する事も無いですし、外見は古くなっていても中身は新品だと思い込んでしまいますよね。

それに何よりも使わなければ勿体無いですね。

しかし、いざ開けてみると中の成分が分離していたり、変色していたり、という事もたまにあります。
更には変な酸っぱいにおいがする事もあり、とても使う気持ちにはなれません。

開封前は製造日から3年以内が使用期限とされているのですが、ここで注意しなければならない事は薬事法で決められている化粧品の使用期限に関する厚生省の通知によるものです。

「適切な保存状態で3年以上安定した品質と思われる物は、使用期限の表示の対象から除外されている」とされています。
スキンケア化粧品はその安定した品質と思われる物に該当している為、表示されていない事が多いのです。
肌トラブルを避け自分の身を守る為に購入後には後から見ても日付がわかるようにしたり、直射日光が当たらず湿度が少ない一定の温度が保てる場所に保管するという工夫をした方がよさそうです。

スキンケア化粧品は開封後何か月以内に使う方がよい?

開封後は3ケ月、長くても半年程度が使用期限です。
スキンケア化粧品にはたっぷりな水分が含まれていますから開封して空気に触れてしまった途端に酸化が始まります。
スキンケア化粧品はワンシーズンでの使用をする事が多く、使い切れなかった場合は捨てずに保管して次のシーズンに使うという人も多いでしょう。

しかし、その中身はすでに表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌という細菌がうようよと繁殖しています。
表皮ブドウ球菌は善玉菌として話題にはなっていますが、体内に入り込むと病原性を発生させる事もあります。
黄色ブドウ球菌は悪玉菌で有名ですが食中毒発生の原因になったり、肺炎や髄膜炎に感染したりという恐ろしい細菌です。
残りを使うという事はそのような細菌をお肌に塗り込んでいる事になり、肌トラブルの道へと進んでしまうのです。想像したくないですね。

保管場所に注意し、使い切る事が大切ですね。仮にそうできなくてもそのまま残しておく事はしないようにしましょう。

私達のお肌に充分な癒しを運んでくれるスキンケア化粧品です。安心安全に使った上で美肌を目指したいものですね。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty, goods

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.