アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty health

シャンプーの”シリコン”は髪に良いの?悪いの?

投稿日:


女性にとって美肌は大切ですが、美髪も同じように大切ですね。

いくら美しい顔立ちであっても髪質がその人のイメージをダウンさせる事はあるでしょう。
逆に美しい艶やかな髪の女性はどこか気品すら感じられます。
見た目にも大事な髪には丁寧にケアをして美髪を目指し、それを保持し続けたいものです。

シリコンとは?

シャンプー選びもなかなか大変ですね。

シリコンかノンシリコンかという違いに注目され始め数年が経ちますが、このシリコンとは日用品や化粧品等のオイルとして、また医療業界で必要なゴムとして、そして工業用のワックス等として使われる化学的な安定性の高い高分子化合物です。

熱や光に強くシャンプーやリンス等に含まれているシリコンは、シリコンオイルとして髪の表面のコーティングを目的とされています。
シリコンと言う名前での成分ではなくジメチコン、シクロメチコン等と表記されていますので気が付きにくいのですね。
撥水性もありますので、ウォータープルーフの化粧品にも含まれています。

シリコン入りシャンプーは良い?悪い?

シリコン入りシャンプーの良い点としては、

ダメージを受けている髪を保護する役目をする

触るとしっとりさらさらとした滑らかな感触にする

光や熱にも強いので、紫外線やドライヤーの熱からも守る

という事です。

強いコーティング力を持っていますので傷んでキューティクルがはがれてパサパサになった髪を保護し、切れ毛を防いでくれるのです。
しかしそのコーティングの強さがマイナスに働く事もあり、

×髪に成分が浸透しにくい

×頭皮に付着すると毛穴が詰まりやすい

×トラブルが起こりやすくなる

という悪い点もあります。
シリコンは付着すると簡単には洗い落とす事が難しいので、使用する時は注意が必要という事ですね。

ノンシリコンシャンプーは良い?悪い?

ノンシリコンシャンプーの良いところは、

頭皮に優しい

軽やかなふんわりヘアを作りやすい

ヘアケア成分が浸透しやすい

パーマやカラーリングがかかりやすい

等が良い点です。
つまりシリコン入りシャンプーの悪い点となっている事がノンシリコンシャンプーでは良い点になっているという事になりますね。

逆に悪い点は、

×コーティング力が弱いので髪を保護しにくい

×髪がきしむので触り心地が悪い

×ドライヤーの熱に弱い

×カラーリングやパーマがかかりやすい分、髪が傷みやすい

等が挙げられます。

私達の身体は繊細で健康な時もあれば調子を崩す時もありますね。
髪の状態も同じです。
シリコンシャンプーもノンシリコンシャンプーもその違いをよく理解して質の良い物を選び、その時の髪の状態に合わせて自分で使い分ける事が健やかな美しい髪を保ち続けられる事ではないでしょうか

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty, health

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.