アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty foods

美肌のために コラーゲンの効果的な摂り方は?

投稿日:


888c133de9da3abc3b696d44c9368196_s

肌に良いことで有名なコラーゲンには、主な摂り方は化粧品を顔に塗るのとサプリメントやドリンクを飲むので2通りあります。

そこで疑問になるのが、どちらの方法が効率よくコラーゲンの効果を発揮することができるのかということです。
コラーゲンを外から摂っても意味がないという説も中にはありますよね。
2つの方法でコラーゲンを摂ったときに、どのような効果が得られるのかを調べて比較してみました!

コラーゲンを顔に塗ると

コラーゲンは分子量が大きいため、そのまま肌に塗っても肌の真皮までは届きません。
最近は分子量を小さくしたナノコラーゲンなども出てきていますが、ほんの少し肌の奥まで届くだけです。
また、自分以外のコラーゲンは異物として認識されるため肌に塗ったコラーゲンがそのまま定着してコラーゲンの量が増えることはありません。

しかしコラーゲンは角質の水分を保つ働きがあります。
潤いの不足した肌にコラーゲンを塗ることはちゃんと意味があるということです。
角質層の潤いを保つことは肌のバリア機能を正常に働かせて、真皮のコラーゲンを守ることに繋がります。
角質の潤いがないと紫外線のダメージも大きくなってしまいます。

コラーゲンを飲むと

コラーゲンを口から摂ると、消化や吸収の過程で分解されて、アミノ酸やペプチドになってしまいます。
つまりコラーゲンを飲んでもコラーゲンが増えるわけではないのです。

しかしこちらも無意味ということはなく、コラーゲンから作られたコラーゲンペプチドは体内で肌の弾力を保つための指令を出して回ってくれます。

この効果を十分に発揮するためには「コラーゲン」ではなく「ペプチドコラーゲン」を摂ることです。
つまりコラーゲンが含まれる食品ではなく、ペプチドコラーゲンが配合されたドリンクなどを摂ることでやっと効果を感じることができる可能性があるんです。

結局どっちがいいの?

塗っても飲んでもコラーゲンを増やすことはできません。
効果がある=コラーゲンが増えると考えるのであれば、どちらも意味がないですね。

しかし肌の潤いを保ったり弾力をアップさせるなど、肌を美しく保つための効果はちゃんとあります。
塗るコラーゲンは肌の潤い不足を感じるとき、飲むコラーゲンは肌の若々しさを保つためなど目的を考えて使い分けると良いでしょう。

ビタミンC誘導体やナイアシン、レチノールは体内でコラーゲンを作るために必要な栄養素です。
コラーゲン製品を選ぶときにはこれらの栄養素が一緒に配合されているものを選ぶと良いですね。

ペプチドコラーゲンは1日に5000mg摂ると良いと言われていますので、飲むコラーゲンを選ぶときには配合量に注目するようにしましょう。
どちらの方法でコラーゲンを摂るとしても、短期間では意味がありません。
最低でも1ヶ月は継続する必要がありますし、止めてしまっては肌の潤いも元に戻ってしまいます。

美しい肌をキープするためには続けやすい価格のコラーゲン製品を選ぶのも大切ですね。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty, foods

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.