アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty goods health

制汗剤!ロールオンタイプ?スティックタイプ?クリームタイプ?

投稿日:


5a64a8283cd134ebc4d88de1795fbfe6_s

以前はスプレーやローションタイプしか見かけなかった制汗剤ですが、需要と共に種類が増えて今では様々なタイプが販売されています。

選択肢が広がったのは良いですが、その分どれを選んだら良いのか悩んでしまいますよね。
ここではロールオン、スティック、クリームタイプの制汗剤についてまとめています!
制汗剤の成分についても触れていますよ!

制汗剤の特徴:ロールオンタイプ

ローションの制汗剤がボトルに詰められており、ボールを転がすことで肌に塗りつけることができます。
ロールオンタイプのメリットは、手を汚さないでローションを塗れることと、均一に塗ることができることです。
粉が舞う心配がないのも良いですね。

クール感はほとんどないものが多く、すでに暑くなって汗をかいているときには向いていません。
お出掛け前の清潔な状態で使うようにしましょう。

制汗剤の特徴:スティックタイプ

スティックのりやリップクリームのような形状で、固形の制汗剤を繰り出して直接肌に塗りつけて使います。
制汗剤をしっかりと肌に塗ることができ、制汗効果が比較的高いタイプです。

こちらもクール感はあまりなく、効果を最大限に発揮するためには汗をかく前に使うことが大切です。
肌に成分が残りやすいので、入浴の際にはしっかりと洗い流すようにしましょう。

制汗剤の特徴:クリームタイプ

チューブに入ったクリームを必要な分だけ手に出して使います。
手を汚せない外出先などで使うのには向いておらず、汗をかいていると成分が流れてしまうのでお出掛け前の使用が必須です。

殺菌作用の高い成分が配合されていることが多く、汗をのニオイがキツい方はクリームタイプを撰ぶと良いでしょう。
こちらも肌に残りやすいので、しっかりと洗い流して肌に負担をかけないようにすることが大切です。

制汗剤の成分に注目!

制汗剤に含まれている成分は主に二種類あり「汗を止める成分」と「殺菌をする成分」です。
制汗剤の形状タイプも大切ですが、それと併せて成分を見ておくことも大切ですね。
売れ筋の制汗剤に配合されているいくつかの成分をご紹介します。

汗を止める成分
  • クロルヒドロキシアルミニウム
    汗の出口を塞いで、汗とニオイを閉じ込めてくれます。
  • ミョウバン
    仕組みは解明されていませんが、汗を止める効果があります。
    口にいれても問題のない安全な成分です。
殺菌をする成分
  • 塩化ベンザルコニウム
    消毒剤として使われている成分で殺菌作用は高いものの、肌が弱い人はかぶれてしまうこともあります。
  • 銀含有ゼオライト
    銀イオンの力で菌の繁殖を抑えてくれます。人体にはほとんど害がないと言われています。
  • ミョウバン
    こちらも仕組みはよく分かっていないのですが、菌の繁殖を抑える効果があります。

数えきれないほど発売されている制汗剤の中から、やみくもに選んでも良いものは見付けられません。
香りだけに注目しても、汗のニオイと混じって嫌なニオイになってしまいます。

形状や成分に注目して、一番良いと感じられる制汗剤を見つけ出してくださいね!

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty, goods, health

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.