アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty

ひじの粉ふきの原因は?潤いあるひじにする方法はこれ!

投稿日:


秋から冬に移り変わる時期は、しっとりと落ち着いた雰囲気を漂わせますが私たち女性にとって、カサカサ乾燥という大敵への対策の準備を始める時でもありますね。

日に日に空気が冷たくなることを感じながら鏡を見ると、お肌の潤いが失われる危機感を感じます。潤いが失われると皮膚トラブルへの可能性が高くなりますので、保湿対策は万全にしたいですね。

しかしこの危険性は顔だけではなく、ひじにも起きる可能性が十分あるのです。

ひじが粉を拭く原因は?

空気が乾燥する季節になると保湿に気を付けていても、粉をふいた肌への悩みが始まることが多いですね。
一度このような状態になってしまうと、綺麗な肌を取り戻すまでのケアは大変なものです。そのため毎日鏡を見て乾燥が進まないようお肌の状態をチェックしている方も多いと思います。

しかし顔には注意をしていても、ふと気が付くとひじが粉をふいていた!ということはありませんか?

ひじの粉ふきも原因はやはり乾燥です。

皮膚には、空気による乾燥から細胞を守る皮脂膜、頑丈な角質層によるバリア機能が備わっています。
これは角層細胞の働きによるものです。角層細胞の間には、保湿維持の働きをするセラミドなどの細胞間脂質というものがあり、この脂質がバリア機能を果たす役割の一端を担っています。
乾燥が進むと、細胞間脂質が減り、ターンオーバーが正常に行われないため、角質層が剥がれやすくなります。
肌の表面の角質層が剥がれ落ちたものが「粉ふき」の正体です。死んだ細胞の死骸なんですよ。

ひじは、皮脂の分泌が少なく肘をついたり、洋服との摩擦など多くの刺激を受ける場所です。
そのため人間の体は皮膚を厚く硬くして守ろうとします。
乾燥によるダメージも加わって、粉ふき(角質層の落屑)がいつもより多くなってしまうんです。

ひじの粉ふきを和らげる方法と防ぐ対策は?

まずは乾燥の原因を取り除く対策が必要です。

  • 部屋の湿度を適度に調整する

環境による乾燥は、誰にでも不快を与える刺激になりかねません。エアコンの調整をしながら加湿器を使い、お部屋の湿度を快適な状態に保ちましょう。プチ対策ですが、洗濯物をお部屋に干すことも効果的ですよ。

  • 食事の見直しで乾燥体質の改善

美容のためにと、生野菜を主とした食事は血行不良となり、冷えを生じ代謝を悪くします。
その結果皮膚のターンオーバーの作用を乱れさせますので、乾燥を引き起こすことにもつながります。
対策としては野菜であれば温野菜を心掛け、栄養素はビタミンを積極的に摂るようにしましょう。

  • 洗いすぎないようにする

石けんを付けてボディタオルで身体を洗う時には強さの加減をしましょう。ゴシゴシ強くこするのはだめですよ。
皮膚を傷つけ、バリア機能に刺激を与えてしまいます。

これらに気を付けながら、しっかりと保湿クリームやローションなどの対策が必要です。
ただ、この時に気を付けたいのがクリームやローションと皮膚との相性です。

皮膚に合わなければ、皮膚トラブルを起こしかねません。成分には十分に注意をし、自分の肌に合ったものでしっかりケアしたいですね。

乾燥している皮膚は、非常に敏感になっています。
優しく丁寧なケアと乾燥対策で、ひじの粉ふきを和らげてあげましょうね。

 

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.