アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty health

ホットアイマスクと冷たいアイマスク その違いと使い分け方

投稿日:


なかなか寝付けないという日は本当に困りますね。
翌朝クマが出来ていたり、疲れ顔等で人前に出たくはないのに焦れば焦るほど、目がどんどん冴えてきて…。

このような時にはアイマスクが便利ですね。
気になるわずかな灯でも遮断して、気が付いたら気持ちが落ち着いて、いつの間にか眠りにつく事が出来ます。
おまけにこれが温かさや冷たさを感じられるアイマスクであれば、ちょっとした贅沢な気分にもなれますし、様々な効果も期待できそうです。

テレビCMでもよく見るアイマスクは、今やオシャレ女子が見る雑誌等でも紹介されているほどですね。

しかも温かいホットアイマスクと、クールタイプの冷たいアイマスクがあります。
どちらも使ってみたい魅力的な物なのですが、その違いというのは一体どのような物でどのように使い分けたらよいのでしょう。

 

ホットアイマスクを使う時

程よい温かさで癒してくれるホットアイマスクは、寒い日はもちろん冷房の効いた部屋でも休憩時間等に使うと気持ちの良いものですね。

このホットアイマスクは

  • 充血
  • 疲れ目
  • ドライアイ

の時に使うと効果的です。

充血も疲れ目も、日頃の目の疲れから起こる症状ですね。
現代ではパソコンやスマホ等で目を酷使する事も非常に多く、かなりの負担が目にかかっています。その為目の周りの筋肉や神経が緊張し、老廃物も溜まり、血液の流れが悪くなっているのです。

ホットアイマスクで温める事により、血行が良くなり筋肉のコリがほぐれ、リラックス効果も生まれて目の緊張も和らぎます。

また、ドライアイについては下まぶたにマイボーム腺という目の乾燥を防ぐ涙を覆う油を分泌する腺があるのですが、この油が詰まって分泌量が不足した時にドライアイという現象が起きます。
温める事により油の詰まりを改善し、油が正常に分泌できればドライアイへの改善効果も期待できます。

このホットアイマスクは血行も良くなり、疲れも取れ、自律神経への働きかけもあるといわれているので、かなりのリラックス効果が期待できます。
その為、使う時は帰宅してリラックスモードに入っても大丈夫な時や、眠る前に10分程このアイマスクで癒されてから眠りにつくという使い方をすると、精神的ストレス解消効果も望めますよ。

 

冷たいアイマスクを使う時

このヒンヤリとした感触もなかなか捨てがたいものですね。
しかしこの冷たいアイマスクは、ホットアイマスクと違い、クールタイプですから目の周りの血行が悪くなる可能性もあります。
その為、両者の使い分けという事は、非常に大切な事になりますね。

冷たいアイマスクを使うのは

  • 急な目の痛み
  • 目のかゆみ
  • 目の腫れや熱

このような症状がある時に使うと効果的です。
つまり、目の炎症がある場合という事になります。

冷やす事で目の周りの血管や筋肉は、一時収縮されます。
すると、この状態から元に戻ろうとする作用を利用して、血行を良くしようとする効果を狙った方法です。

ただ冷やす時に気を付けたい事は、炎症の状態でも、虚血性視神経症という病気は冷やす事でその症状を悪化させる事にもなりかねませんので、注意が必要です。

このホットアイマスクと冷たいアイマスクにはそれぞれの違いにより、使い分けると非常に便利です。
ただ、どちらの方法を取るのかわからない時には、眼科医の指示を仰ぐことをお勧めします。

この二つの製品の特徴を理解し、正しく使い分ける事が出来れば、オフィスや家庭でもより快適な生活が送れそうですね。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty, health

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.