アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

health lifestyle

足の小指の爪が小さくなったと感じた時は早目の対処を!

投稿日:


今や多くの女性が足のオシャレにまで気を配り、足の爪にもジェルを忘れないという時代です。
その足がジュエリーのようなヒールを履いて、颯爽とオフィスや街を歩く様は、まさに美しさを象徴していると言っても過言ではないでしょう。

しかし今このような女性たちの間には、足の小指の爪についての不安を抱えている人が多いようです。
人間大切な足元です。
足元の悩みはいつまでも美しくありたいと願う女性にとって、非常に不安な気持ちを引き起こす要素ともなりますね。

足の小指の爪が小さくなるって本当?

足のお手入れをしている時「あら?小指の爪が小さいわ」と感じた事がありませんか?
これは大きく考えると

・甘皮に埋もれて小さくなったように見える

・自分で気が付かない間に小指の爪が割れている

という状況です。

つま先が隠れるようなヒールやシューズであれば見えませんが、「いざサンダルで格好よく見せたい」という時にはこの足の小さくなった小指の爪が気になってしまいますね。

小さくなる原因は?

この大きな原因は靴にあります。

あなたは幼い頃にコツコツというヒールの音に大人への憧れを抱いた事はありませんでしたか?
おそらくほとんどの人がお母さんの大切にしているヒールを履いて、ニッコリと微笑んだ経験がある事と思います。

そして大人になり憧れの素敵なヒールが似合うようになって、毎日のように誇らしげに履くのですが、ヒールはかかとが高い為足が前のめりになるような状態で傾きますね。するとつま先の狭まった部分で足の小指や爪が圧迫されます。
つま先はヒールを履いている時間が長ければ長いほど強い刺激を受け続けますので、甘皮がつま先を守ろうと硬く角質化して爪を覆いつくしてしまい、爪の成長も妨げられます。そのために、爪が小さく見えるのです。

このような現象はヒールに起きやすいのですが、他の靴も同様です。
つま先の狭いシューズなども履き続ければ足の小指や爪を圧迫しますし、サイズの合わない靴を履き続ける事でも、同じように足指や爪に負担がかかります。

刺激や摩擦から自らを守る人間の防御反応が、小指の爪が小さくなる原因だったんですね。

小さくなることで問題はある?

すぐに問題が起きることはありませんが、放っておくと爪は硬く角質化した甘皮に埋もれたままですので、爪の角の部分の皮膚に魚の目ができて痛くなることもあります。また、靴を履くとその硬くなった甘皮に当たり痛みを感じますね。

その痛みで歩き方が不自然な状態となり、身体の歪みを引き起こす可能性もあります。

対処方法は?

角質が爪を覆ってしまうことで小さく見えているので、きちんと角質を取り除いて保湿することでまた元の状態に戻すことが出来ますよ。

甘皮ケアの仕方

お風呂上がりなどの、皮膚が柔らかくなっているときにするのが効果的です。

  1. 綿棒で甘皮を爪の根元(皮膚)に向かって押し上げる。
  2. 爪の表面の角質も綿棒で優しく剥がす。
  3. キューティクルオイル等で充分保湿する。

爪の周囲の皮膚が硬くなっていると、乾燥している証拠だそうです。健康で美しい爪を維持するためにオイルなどでマッサージする事がおすすめです。
また、甘皮処理のやりすぎは爪の根元が炎症を起こすので、絶対に強く力を入れない事が大切です。

健康の為にも、素敵な女性でいる為にも足の小指の爪が小さくなったと感じたらすぐに対処をしましょうね。

 

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-health, lifestyle

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.