アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty lifestyle

お尻ニキビの原因と治し方

投稿日:


顔にできるニキビは見た目が悪くなるので気になる方も多いですが、お尻にできるニキビはもっと問題です。
下着と擦れて痛みが出たり、上手く座れないなど生活に支障が出るからです。

どうしても避けたいお尻のニキビができてしまう原因と、一刻も早く治すためにやるべきことをまとめています。

お尻にニキビができる原因は?

お尻は柔らかくきめ細かいお肌のような気がしますが、座ることで圧力や刺激を受けることが多くそれにより実は角質化が起こりやすい部分なんです。

角質層が固くなると皮脂の出口が塞がってしまい、皮脂が詰まってニキビの元となるアクネ菌が繁殖します。
さらにお尻は下着や衣服などで二重、三重に包まれて汗をかきやすい部分です。
アクネ菌にとっては繁殖しやすい環境で、ニキビができやすい部分と言えるんですね。

通気性の良い下着や衣類を選んでお尻の蒸れを最小限にしたり、生理中はナプキンを小まめに変えて清潔を保つことも大切です。
ボディーソープの流し残しがあるとニキビの原因になります。
頭を最後に洗うと身体にシャンプやコンディショナーが残ってしまうので、最後に身体を洗うと良いですね。

乾燥も過剰な皮脂分泌の原因となるため、ニキビが出来やすい環境です。
お風呂上がりにはお尻までしっかりと保湿をするようにしましょう。

お尻のニキビを治す方法は?

まずはお尻のニキビを潰さないように配慮しましょう。お尻にできたニキビは大きくなりやすく、潰れてしまうと大きな跡が残ってしまいます。
できるだけ触らないようにすることと、座るときはクッションを使うようにしましょう。
ついついお尻を触る癖がある人は特に気を付けてくださいね。

ボディーソープをニキビケア用の薬用の商品に変えるのも良いですね。
背中ニキビ用のもので大丈夫です。
殺菌作用のある成分がニキビの原因であるアクネ菌や、ニキビを悪化させる雑菌を除去してくれます。
洗うときはナイロン製のスポンジ等でゴシゴシするのはやめて、柔らかい天然素材のタオルか手のひらで洗います。

ニキビ用の薬をつけるのも良い方法です。ドラッグストアに売っている顔のニキビに使うもので構いません。
化粧品ではなく医薬品のニキビ薬を選ぶと効果が出やすいでしょう。

お尻のニキビが悪化して少しでも触れると激しい痛みを感じたり、真っ赤に腫れて盛り上がったりすることがあります。
この場合は自分で対処できませんので、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。
受診が遅れるほど治るのに時間がかかってしまいます。
お尻が固くなっている場合にはお尻の角質ケア用のボディーケア用品を使うと、ニキビが出来るのを防ぐことができます。
脂質の代謝を高めるためにビタミンBを意識的に摂るのもオススメです。
ビタミンBは体内に貯めておくことが出来ないので小まめに摂るか、サプリメントで補充すると良いですよ。

日頃からお尻の状態に気を配って、痛いお尻ニキビを作らないようにしておきましょう!

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty, lifestyle

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.