アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

foods

ナッツのカロリー&栄養素をチェック!

投稿日:


ナッツは栄養価が高く、少しの量で身体の不調を改善してくれる食品です。

美容、ダイエット、疲労回復、抗酸化作用、認知症予防、癌予防など、いろいろな効果が期待できます。

ただ栄養価も高いですが、カロリーも高いです。
食べ過ぎに注意して、毎日摂ることで体調不良が改善されていきます。

今回は、いろいろなナッツの特徴とカロリーについてご紹介しましょう。

アーモンド

アーモンドの特徴

誰でも知っているアーモンドには、たくさんの栄養素が含まれています。
とくにビタミンEが豊富です。

アーモンドの主成分→不飽和脂肪酸(リノール酸)は動脈硬化を予防します。

アーモンドのカロリー

100g、598㎉
一日食べる量約25g→約25粒(149㎉)

カロリーは高いですが、リノール酸が生活習慣病を予防してくれます。

カシューナッツ

カシューナッツの特徴

形がクルンと可愛いカシューナッツは、脂質の他にミネラルが豊富に含まれています。特に亜鉛が多く含まれています。

亜鉛不足になると、一番に爪や髪の毛に影響がでてきます。
そんなとき、カシューナッツを食べてみて下さい。髪にコシがでてきます。

他にも高血圧予防や心臓病予防に効果があります。

カシューナッツのカロリー

100g576㎉
一日食べる量約25g→約17粒(144㎉)

クルミ

クルミの特徴

クルミは良質な必須アミノ酸「トリプトファン」を多く含んでいます。
トリプトファンは、セロトニンの分泌を促します。

そのため、不眠症を改善、精神を安定させる作用があります。
またビタミンやミネラルも豊富なので疲労改善効果や、動脈硬化予防効果もあります。

クルミのカロリー

100g567㎉
一日の食べる量25g→約8粒(141㎉)

ピスタチオ

ピスタチオの特徴

ピーナッツはナッツ類ではありませんが、ナッツ類と同じような栄養効果があります。
アーモンドと同じようにビタミンEが豊富に含まれていて、動脈硬化予防や認知症予防に効果があります。

ピスタチオのカロリー

100g、615㎉
一日の食べる量25g→約50粒(約153㎉)

ピーナッツ

ピーナッツの特徴

ピーナッツはナッツと誤解されることが多いのですが、ナッツ類ではありません。
木の実のことをナッツといいますが、ピーナッツは地面の中で実になるためナッツではありません。しかし、ナッツ類と同じように栄養価が高く、美容や健康効果が期待できます。

ピーナッツのカロリー

100g、562㎉
一日の食べる量25g→約15粒(約140㎉)

以上、ナッツの特徴とカロリーについてご紹介しました。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-foods

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.