アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty diet

食べる順番を守るだけの簡単なダイエットとは?

投稿日:


食事の中で、食べる順番を守るだけで痩せると言うとても簡単なダイエット方法があるのを知っていますか?

2715167ad107982190de65bc144102f5_s

難しいカロリー計算や辛い食事制限も不要で楽にキレイになれる、「食べ順ダイエット」についてご紹介します!

「食べ順ダイエット」とは?

食べ順ダイエットとは、ある決まりに従って食べる順番を守ることによるダイエット方法です。

まずは、何故食べる順番がダイエットに関わるのかを説明しますね。

人が食べ物や飲み物を摂り、その中に含まれている糖分が体内に入ると血糖値が上がります。
血糖値が上がったままだと血管を痛めてしまうため、すい臓からインスリンと呼ばれるホルモンが出てきて血糖値を下げてくれます。

このインスリンは脂肪細胞に糖質を溜め込んで太らせてしまうため、出来るだけインスリンを出させないようにすることが大切なんです。

インスリンを出さないためには糖質を摂らないようにするのは当然ですが他にも方法があります。

ここが重要なのですが、インスリンは最終的に同じ血糖値になったとしても、急激に血糖値が上がったときにたくさん出てくると言う性質があります。

つまり血糖値が上がりにくい食品から順番に食べることで、ゆっくりと血糖値を上げることができ、それによりインスリンの量を最小限にすることができるので太りにくくなると言う仕組みを利用したのが食べ順ダイエットなんです。

食べ順ダイエットは短期間に劇的に痩せることはありませんが、ストレスなく身体を労りながら適正体重に少しずつ近付けることができる、心と身体に優しいダイエットと言えます!

「食べ順ダイエット」のやり方は?

具体的な食べ順ダイエットのやり方についてです。

血糖値の上がりにくい食品から食べると言っても、細かく気にする必要はありません。

①野菜や汁物(の具)
②肉や魚、豆腐などのタンパク質
③炭水化物

この順番で食べれば大丈夫です。
ここで大切なのは、三角食べをしないことです!
野菜や汁物を食べ終わるまでは、次のタンパク質を食べてはいけませんし、炭水化物以外のもの全てを食べ終えるまでは炭水化物を食べてはいけません。

ごちゃごちゃにしてしまうと食べ順ダイエットではなくなってしまいます。
多少の時間差だとしても、胃の中に入れたものから吸収されて行きますので、血糖値が上がりにくい食品を食べてゆっくりと血糖値を上げてから、血糖値が上がりやすい炭水化物を食べることでインスリンの量を最小限にすることができるんです。

どうしてもスイーツを食べたい!と言う時には食後すぐに食べた方が太りにくいですよ。
食後時間が経って血糖値が落ち着いた頃にスイーツを食べると、また血糖値が上がってインスリンが出てくるので身体に脂肪が付きやすくなってしまいます。

食べ順ダイエットをしているときには、血糖値をゆっくりと上げることと、無駄に何度も血糖値を上げないことを意識してくださいね。
炭水化物以外のものを食べ終わった時点でお腹が一杯になっていたら無理にそれ以上は食べないようにすると、ダイエット効果がグッと高くなりますよ。

食べ順ダイエットは炭水化物を最後に食べることにより、炭水化物の量自体を減らすことができるというメリットもありますね。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty, diet

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.