アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

diet health

炭水化物抜きダイエットをやるなら、朝?昼?夜?

投稿日:


炭水化物抜きダイエットは特に何かを用意したり、ダイエット方法を細かく学ばなくても始めることができる手軽で簡単なダイエットではありますが、実際に始めてみると大変に感じることも多いんです。

今まで炭水化物を中心とした食生活をしていたのに急に炭水化物を止めることでストレスを感じたり、何を食べればいいのか分からなくなったりするからです。
そのため、まずは1日のうち1食を炭水化物抜きにして慣れたら2食、3食と増やしていくのがやりやすい方法です。

それでは朝・昼・夜のどこから始めれば良いのか、その理由についてまとめてみました!

朝食はしっかりと食べておく

初めて炭水化物抜きダイエットをする人は、朝食の炭水化物は抜かないようにしましょう。
炭水化物抜きダイエットを長く続けていると脂質からもエネルギーを作り出すことができるようになりますが、最初は身体が慣れていないので糖質が必要不可欠です。

朝は身体を動かすため、脳を起こすためにエネルギーがたくさん必要です。
糖質が不足しているとボーッとしてしまったり、身体のだるさが抜けません。

炭水化物抜きダイエットをしていても朝だけは食べると言う人もいるくらいですので、しばらくは朝は今まで通り食べておきましょう。
朝食の炭水化物抜きダイエットをするなら、まずは予定のないお休みの日に様子を見ながら行ってみると良いですね。

最初に炭水化物を抜くのは夕食

結論として、炭水化物抜きダイエットを初めてするなら夕食の炭水化物カットから始めるといいでしょう。
一般的な生活リズムなら夕食を摂ったあとは、身体を休めて眠るだけですよね。

脳を酷使するような集中力が必要な場面はそうそうないと思います。
糖質を身体の中で一番消費するのは脳であり、食べた後にあまり脳を使わない夕食に炭水化物は不要と言えます。

それとは逆に、壊れた筋肉や組織を修復したり、よく眠るためにはタンパク質が必要となるので、夕食で炭水化物の代わりにタンパク質を重視することは利に叶っていると言えますね。

慣れたら昼食も炭水化物を抜いてみる

昼食の炭水化物の必要度合いは生活や仕事の内容によって異なります。
高い集中力が必要な仕事など脳を使う場合には急に炭水化物を止めず、少しずつ減らすなど工夫をしてください。

昼食も炭水化物中心だった食事からタンパク質メインで炭水化物を補助とする内容に変えて、夕食の炭水化物を抜いて行けば、3ヶ月くらい経った頃には3食とも炭水化物抜きをしても不自由をしないように生っていることが多いようです。

適切な糖質の制限量や体調の変化は個人差が大きいので、無理なくやせることができるように自分の身体と相談しながら進めてくださいね。

炭水化物抜きダイエットを1食から始めることは、ストレス軽減などのメリットもありますが、糖質が少ない状況で上手くエネルギーをコントロールするためにゆっくりと身体を慣らすのにも良い方法です。

いきなり3食とも炭水化物抜きにしてしまうと、低血糖で頭痛や吐き気、ふらつきなどを起こしてしまう場合もありますよ。

 

まずは夕食の炭水化物を抜いて様子を見るのが良いですね!
晩酌をする人は糖質の少ないアルコールを選んで、おつまみも炭水化物を摂らないように気を付けてください!

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-diet, health

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.