アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty health

ビオチンを効果的に摂取する方法とは?

投稿日:


キレイのために役立ってくれるビオチンですが、どのように摂ればよいのでしょうか?

身体の中でも合成可能なビオチンを摂らなくてはならない理由や、その摂り方についてまとめてみました!

 

ビオチンを外から摂る必要はある?

そもそもビオチンは人間の体内で作り出すことができる栄養素なのに、なぜ外から摂らなければならないのでしょうか?
普通に生活している上ではビオチンが足りなくなることは、あまりありません。
しかしビオチンは腸内細菌によって作られるため、加齢や生活習慣の悪化により腸内環境が悪くなるとビオチンの生成量が減ってしまうことがあります。

そうなると、疲労感が強くなったり髪や皮膚に影響がでてしまうことがあるんです。
また、ビオチンが足りている場合にも重点的にビオチンを摂ることにより、キレイな皮膚などを維持する助けになります。

ビオチンが多く含まれる食品とは?

厚生労働省の日本人の食事摂取基準によると、ビオチンの摂取目標は50μgです。
それよりも多くのビオチンが含まれている食品もありますが、ビオチンは水溶性ビタミンのため、多く摂りすぎたとしても尿として排出されるため心配はありません。

食品100g当たりのビオチン含有量(単位はμg)

鶏レバー 232
卵黄 65
まがれい 23
納豆 18

他にもナッツ類には豊富にビオチンが含まれています。
肉や魚、野菜など様々な食品をバランス良く食べれば毎日50μgのビオチンを摂ることはさほど難しくはありません。

しかしビオチンは身体から排出されやすいので、日々きちんとした食事をすることを心がけなくてはなりませんね。

サプリメントと食事,どちらで摂取するのがおすすめ?

ビオチンの摂取目標は50μgですが、皮膚や髪などの健康のためにビオチンを摂るのであれば、その量では十分ではありません。

50μgという量は健康な人が生きていくのに必要な最低限の量ということです。
ビオチンのよる何かしらの効果を感じることができる量ではないんです。

例えばアトピーの治療に医療用のビオチンを用いる場合は、実に9000μgも飲むことがあるんです。
皮膚科では決して珍しい量ではなく、副作用もほとんどないそうです。

皮膚病ではなく、美しさのためや健康を保つ目的であれば3000μg~5000μgが一般的とされています。
治療に用いる量よりは少ないものの、食品からそれだけのビオチンを摂るのは無理ですよね。

サプリメントであればたいてい1~2カプセルで必要な量のビオチンを摂取することができます。
さらに、食品からのビオチンを全てを身体で使うことができるわけではないですが、サプリメントのビオチンは飲んだ分のほとんどを有効活用することができます。

以上のことから、美容や健康を目的としてビオチンを摂る場合にはサプリメントを活用するのが善いことが分かります。

こんな生活習慣には要注意

ただし、サプリメントでビオチンを摂っていたとしても飲酒や喫煙、その他乱れた食生活や生活環境により体内のビオチンが減ってしまいますので、生活習慣を整えることも忘れないようにしましょう。

ビオチンは上手に取り入れることで、皮膚や髪、爪などを美しく保つことができます。
それだけではなく、健康な状態を維持することができるため、薬に頼らないことが可能になることもあるんです。

サプリメントで手軽に十分な量を摂り、ビオチンの力を最大限に発揮させましょう!

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty, health

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.