アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty goods health

ブーツのニオイは気にしたくない!防止対策を万全に

投稿日:


子供の頃、キレイなお姉さんたちが履いているブーツ姿に憧れた事はありませんか?

高いヒールとファッション性豊かなデザイン、そしてコツコツという小気味よい靴音。その姿には大人の女性の可愛らしさや美しさ、カッコよさ等の要素がギュッと凝縮されているような女子力満載な魅力を感じます。

そのような憧れの対象となるブーツですが、帰宅した時やお呼ばれした時など室内に上がる為にブーツを脱ぎます。
するとそれまで抱いていた憧れの気持ちが一掃されてしまうほどのニオイを放つ時がありますね。

これはすぐにでも防止対策を考えなければ、自他ともに非常に困る状況ですよね。

ブーツのニオイの原因とは?

「何?この嫌なニオイってどこからくるの?」と強烈なニオイに顔をしかめながら周りを見渡したら、それは自分のブーツからだったという経験を持つ人は結構多いのではないでしょうか?

まさか嫌なニオイが自分からだったなんて、思いたくありませんよね。シャワーやお風呂だって毎日欠かしていないし、ストッキングやソックスだって毎日清潔な物を履いているのに、嫌なニオイなんてするわけないはずです。
しかしこれはブーツを履く上で誰にでも可能性がある事なのです。

ブーツを脱いだ時にフワーッと温かい湯気のような物が出ているような感覚になった事がある事と思います。

これはブーツの中で足の裏から汗が出ていて、脱いだ時に起こる現象なのです。
「いえ、私は普段から汗はあまりかかないので…」という人も多いでしょう。

しかし、よく考えてみるとブーツというものは元々防寒靴の1種ですよね。
つまりブーツを履くという事は、足を温めているという事です。
時間が経つと足は温度が上がり、汗をかいたり汗っぽくなったりします。
するとその温度でブーツの中は湿度が高くなるのです。

しかも足の裏には表皮ブドウ球菌コリネバクテリウムという細菌でいっぱいです。
その足の裏を高い温度と湿度で囲まれたブーツの中に入れておくと、そこは細菌が大好きな場所ですから喜んで繁殖します。
そして足の古い皮膚や角質を源としてイソ吉草酸という悪臭を放つ細菌までが出来上がり、ブーツの中は細菌の宝庫となるわけです。

ブーツのニオイ防止の方法

このようにしてブーツのニオイは私達の悩みの種となるのですが、この防止方法はしっかりとありますので心配はいりませんよ。

足をいつも以上に丁寧に洗う

毎日清潔にしたいなら、足を洗う事は当たり前ですね。
しかし、特に念入りに洗う事でブーツのニオイ防止になります。
足の指の1本1本からつま先までしっかりと洗い、細菌が大好きな古い角質も丁寧に除去しましょう。
石鹸も消臭効果がありますので、使用しましょう。

同じブーツばかりを履かない

昨日履いていたブーツに手を入れてみてください。
湿っていませんか?
同じ物を履きたいという気持ちもわかりますが、それでは細菌をどんどん増やしていくだけです。
せめてブーツの中が乾いてからまた履く、という方が悪臭を防止できますよ。

ストッキングやソックスは素材を選ぶ

よく使うストッキングやソックスは、ナイロン製が多い事でしょう。
しかしこの素材は通気性が悪く、汗を吸い取りません。
その為足の汗はブーツの中で広がりますので、出来れば汗を吸い取る綿素材を使用しましょう。

ブーツのニオイ防止の方法はまだありますが、上記には今すぐ出来る方法を挙げました。

 

ニオイについては足汗だけではなく、食べ物やストレスによるものもあります。
また、糖尿病や内臓疾患などの病気が潜んでいる場合もありますので、この機会に生活習慣の見直しを図る事も良いでしょう。

せっかくのオシャレに最適なブーツです。ニオイなど気にせず、いつでも気軽に履いていたいものですね。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty, goods, health

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.