アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty

背中にニキビができる原因とは?

投稿日:


背中にニキビができると、水着になるのも恥ずかしいですし、お洒落もしにくくなりますね。
背中ニキビは何故できるのでしょう?

今回は背中ニキビができる原因についてご紹介しましょう。

■背中ニキビができる5つの原因

背中にニキビができる原因は、いろいろあります。考えられる5つの原因をご紹介しましょう。

背中ニキビの5つの原因とは?
  1. ニキビの原因菌(マラセチア真菌)が増殖
  2. 生活習慣の乱れ
  3. ストレス
  4. 間違ったケア

以上5つの原因があります。

1.ニキビの原因菌(マラセチア真菌)が増殖

顔にニキビができる原因菌はアクネ菌です。
背中にニキビができる原因菌は、カビの一種です。
常在菌で皮脂が多く毛穴が詰まっているところで入りこんで炎症を起こします。

このマラセチア真菌が増殖することで背中ニキビが悪化します。清潔にすることが大切です。

2.汗

汗をかいたままでいると、菌が増殖してしまいます。
とくに夏場は汗をかくので頻繁に下着を変えて、シャワーをして汗を流しましょう。

また、パジャマの素材には化学繊維は止めてコットン100%やシルクにして汗をかいたら洗濯をすること。
常に清潔にして菌の増殖を抑えるようにしましょう。

3.生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れると、肌のターンオーバーにも悪影響を及ぼし背中ニキビになってしまいます。
質の良い睡眠、バランスの良い食事、適度な運動などに気をつけて、規則正しい生活習慣を心掛けましょう。

4.ストレス

ストレスがたまると、自律神経のバランスが崩れて交感神経が優位にたってしまいます。
交感神経が優位になると、皮脂の分泌が過剰になり毛穴を詰まらせてしまいます。
その結果、背中ニキビの原因菌を増やしてしまうことになります。

5.間違ったケア

背中にニキビができたから、背中を綺麗にしようとゴシゴシ洗ってしまう人がいますが、これは間違ったケアの仕方です。

では、どんな方法がいいのでしょう?

  • 背中は優しく洗う
  • シャンプーや石鹸の洗い残しはNG
  • 背中ニキビ用の化粧品を使う
  • 紫外線に気をつける

頭を洗ったり身体を洗ったりした後、泡が背中に残っていることが多くあります。
洗った後はしっかりすすいでください。

できたら、ボディーソープは使わずに肌に優しい石鹸に変えましょう。肌への刺激が少ないのでお勧めです。
また、通常使っている洗濯洗剤や柔軟剤を変えてみるのもいいです。

肌が敏感な方は、界面活性剤が入っている洗剤を使用すると、ブツブツができる人がいます。

洗濯洗剤や柔軟剤も刺激が少ない物を使うといいですね。

背中ニキビができているときは、夏場の海水浴や日光浴は控えるようにして紫外線から肌を守ることも大切です。
背中ニキビは、原因菌を増殖させないことが重要です。

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.