アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

lifestyle

<2017年>初詣。正しいお詣りの仕方はこの方法!

投稿日:


今年も残すところ1か月あまりとなりました。

ところで,みなさんは,”初詣”に出かけますか?

b583e26d8c8d1790837857550fa3e068_s

■ 初詣とは?

年が明けて,初めて神社や寺院に参拝し,1年間の平穏無事と恙無く新年を迎えられた事の感謝を捧げ,新しい年も健康で幸せに暮らせるよう祈願することを”初詣”と言います。
叶えたい願い事を,静かにお願いすれば,気持ちよく新年のスタートを切れそうな気がしてきますね。
大みそかの深夜から出かける方も多いようですが,そもそもいつ参拝するのがいいのでしょうか。

■ 初詣は,どこに行くのがいいの?

結論から言うと,神社,お寺どちらにお参りしても良いです。

初詣は,氏神様にお参りするのが基本ではあるようですが,これといった決まりはありません。

参拝先についても,氏神様,菩提寺以外は毎年変えてもよいと言われています。

最近は,「合格祈願」や「安産祈願」など,そのときにお願いしたいことで,お参りする場所を決める事が増えています。

■ 初詣のお詣りの時間帯は?

特に,時間帯に決まりはありません。
何時にお参りしてもよいです。

大みそか(12月31日)の深夜から年明けにかけての参拝は,「年参り」といって,より功徳が積めるといわれています。

■ 初詣は元日に行かないといけないの?

元日に行かないといけない,という決まりはありません。
現在は,松の内の間に行くことが一般的です。

また,松の内までにお参りできなかった場合は,1月15日の小正月までに,遅くとも節分までにはお参りするとよいようです。

  • 三が日:元日から3日まで
  • 松の内:元日から7日まで

このように,神様は,大目に見てくださいます。
少々,遅くなったからと気にせず,安心して,お詣りに行って下さいね。

■ お賽銭の額はいくらがいい?

52c43a77ae5561828d43104c9d599196_s
お賽銭は,「額が多ければご利益が大きい」というわけではありません。

お賽銭の額は自分の気持ちでよいのです。

語呂合わせで,「ご縁があるように」と,5円玉を入れる方もいらっしゃいます。

■ 神社の参拝の仕方

  1. 神社の入り口の鳥居の前で,軽く一礼してくぐる。
    これは,「鳥居が俗界と神様のいる聖域戸の境目を示すもの」と言われているからだそうです。
  2. 参道の中央を避けて歩く
    参道の中央は「正中」と呼ばれる神様の通り道。
    人は左右の端を歩くのが作法です。しかし,初詣は大変混雑しますので,そういう状況では,神社の指示に従わざるをえませんので,気にする必要はありません。
  3. 左手→右手→口の順に清める
    手水舎で参拝前に心身の穢れを流し清めます。 ①右手に柄杓を持ち,左手に水をかける。
     ②左手に柄杓を持ち替えて,右手に水をかける。
     ③右手に柄杓を持ち替えて,左手に水をためて口をすすぐ。
     ④左手に水をかけた後,柄杓を垂直に立て,水を柄杓の柄に流し,元に戻す。
  4. お賽銭を入れ,鈴を鳴らす。
    お賽銭は投げて入れるイメージがありますが、そっと入れるのが作法。
  5. 二礼二拍手一礼する。
     ①本殿,拝殿に向かい深く2回お辞儀をする。
     ②2回拍手をする。この後、手をあわせて神様への感謝と祈願を唱える。
    ③1回深くお辞儀をする。

いかがですか?
”ご利益がある”とか,”運が良くなる”と話題のパワースポットも,神社やお寺が多いですよね。
これはもう、年の初めに是非初詣に行って幸せな1年のスタートを切らないともったいない気がしませんか?


-lifestyle

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.