アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

foods health

実は栄養満点!おいしいジャムで健康になれる?

投稿日:


フルーツには,美容や健康に欠かせない栄養素がたくさん含まれています。
ダイエット中だと,果物の甘さを敬遠して,積極的に摂らない方もいらっしゃいますが,健康で美しくいたいなら,是非,フルーツの力を借りましょう。

フルーツの主な栄養素とは?

フルーツの甘みは太ると思っていませんか?
実は,フルーツと砂糖の糖質は,大きく異なります。
フルーツの糖質(果糖)は,砂糖に比べて,吸収に時間がかかりますので,血糖値が急激に上昇しません。
ケーキや菓子パンなどのお菓子よりもフルーツを摂ることをおすすめします!

また,お菓子に含まれる栄養素は限られていますが,フルーツには,以下のような栄養があります。

● カリウム・・・摂りすぎた塩分を排出するので,高血圧やむくみの改善に効果的。
● ポリフェノール・・・活性酸素を除去し,生活習慣病等を予防する効果あり。
● 食物繊維・・・便秘の予防に効果あり。糖質・脂質の吸収を遅らせる効果も!
● ビタミンC・・・抗酸化作用(過酸化物質の生成を抑制)で,がん予防や抗ストレスの効果あり。
● ビタミンB群(葉酸,ビタミンB6,イノシトール等)・・・糖質を効率的に脳や身体のエネルギー源に変換します。不足すると疲れやすくなります。
● ビタミンA・・・抗酸化作用による免疫力強化作用が期待できます。
● ビタミンE・・・抗酸化作用による老化防止,がん・高血圧・動脈硬化等生活習慣病等の予防効果あり。
● 有機酸(クエン酸、リンゴ酸等)・・・糖質をエネルギーに転換させる効果があります。疲労回復にも!

ダイエット中に,甘い物が食べたくなったら,お菓子ではなく,フルーツを食べて下さいね!

ジャムにも栄養があるって本当?

フルーツを使用したジャム。
実は,栄養の宝庫って知っていましたか?

一人暮らしだと,いろんなフルーツを買っても,一度に食べきれない・・・という方もいらっしゃるでしょう。
そんなときは,ジャムを利用しましょう。

日持ちするジャムなら,腐らせてしまう心配もありません。

但し,ジャムは,加熱して作るので,熱に弱いビタミンCや葉酸は壊れてしまいますが,それ以外の栄養素はほとんんど残っています。
ですから,生のフルーツと日持ちするジャムを組み合わせて,いろんなフルーツを摂りましょう。

ジャムは,甘いので,ダイエット中や健康志向の方にとっては,抵抗があるかもしれません。
でも,ジャムはバターやチーズよりもカロリーが低いんです!
トーストに使うなら,ジャムは,フルーツに含まれる栄養素をほとんど摂取できますし,ジャムの糖質は,バターやマーガリンの脂質よりもエネルギーとして消費されやすいのです。
また,ヨーグルトに使うなら,砂糖入りのヨーグルトはやめて,無糖のヨーグルトにジャムを乗せると,フルーツの栄養素も一緒に摂ることが出来ます。

ワイルドブルーベリーを使用!オールフルーツスタイル ジャム ブルーベリー 

おすすめのジャムは?

ジャムは,添加物不使用で,なるべく砂糖不使用のものを選びましょう。

砂糖不使用!オールフルーツスタイルジャム ストロベリー 

ジャムの原材料であるペクチン(水溶性食物繊維)には,嬉しい効果があります。
● 糖分吸収の速度をおだやかにする→食後の血糖値を急激な上昇を防ぐ。
● 脂肪吸収を抑える→血中コレステロールの減少に貢献!
● 腸内の善玉菌のエサになる→腸内環境が整う。

しかし,いくら栄養面で優れているからといっても,食べ過ぎは禁物ですよ!
ジャムに限らず,食事は,適量を,バランス良く,継続的に食べましょう。

 
この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-foods, health

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.