アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

health

女性の天敵!冷えの原因とは?

投稿日:


冷えと言えば女性の天敵であり、悩みの一つですよね。
冬に限らず、身体は汗をかいているのに手足はヒンヤリとしており、夏でも膝掛けがかかせないと言う女性は多いのではないでしょうか。

冷えの原因を知り、冷えを防ぐ習慣を取り入れることで巡りの良いポカポカの身体になりましょう!

冷えの原因とは?

身体が温まるためには心臓から送られた血液が隅々まで巡る必要があります。

冷えがある身体は様々な原因で血流が悪くなっているため十分に温まらず、心臓から遠い手足など端の方ほど冷たくなってしまうんです。

血流の悪化と言うと重大な病気のように感じられますが、意外に些細なことで悪化してしまいます。

運動をすると血流が良くなりますが、現代の女性の多くが運動不足になっています。
また、ストレスや睡眠不足は自律神経の乱れを引き起こし血流を悪化させます。

ダイエットのために生野菜をたくさん食べることも身体全体を冷やしてしまう原因となってしまいます。
同様に冷たい飲み物やスイーツなども悪影響となるんです。

暖房や冷房が完備された生活は自力で体温を調節する機能を鈍らせてしまいます。

このように、私たちの生活は冷えの原因だらけですので、冷えを防ぐための習慣を意識的に取り入れる必要があると言えますね。

毎日続けられる冷えを防ぐ習慣3つ

冷えの原因に囲まれて暮らしているからこそ、冷えを防ぐための習慣は続けやすいものであることが大切です。

今日から始めることができる簡単な冷えを防ぐ習慣を3つご紹介します。

1 冷暖房を強くしない

冷えが強い女性は暖房を強くしがちですが、外気温と室内の気温がかけ離れているほど冷えやすい身体になってしまいます。
冬の暖房は20℃程度に設定し、厚着をすることで体温を調節しましょう。
冷房も同様に28℃程度に設定し、簾やうちわなどを使って暑さを乗り切ることが大切です。
夏でもお腹がひんやりしてしまう方は腹巻きを欠かさないようにすると良いですね。

2 身体を冷やさない食べ物、飲み物を摂る

冷たい食べ物や飲み物を摂りすぎないようにすることは当然ですが、食べ物の種類にも注意しましょう。
ダイエット中に食べがちな夏野菜中心のサラダはとても身体を冷やしやすい食べ物です。
根菜などを中心とした温野菜にすることで、冷え習慣の改善につながります。
小麦や白米、砂糖などの真っ白い食品も冷えを招くため摂りすぎないようにしましょう。

3 規則正しい生活を送る

早寝早起き、しっかり入浴、運動…など規則正しい生活のためには様々な要素がありますが、急に生活習慣を変えることは難しいですし、やりすぎはストレスの原因になります。
そのため、できそうな事から始めてみましょう。
今まで朝食を摂っていなかったなら、軽い朝食を摂るようにしてみます。それだけで朝から血流が良くなり温まると思いまよ。
入浴回数を増やす、たまに1駅歩いてみるなど出来そうな範囲で良いので、規則正しい生活のために何か1つ出来そうなことを見付けてみましょう。


 

冷えは不快なだけではなく、様々な不調の原因になります。
少しでも冷えを招かないように、毎日の生活習慣を見直してみましょう!


-health

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.