アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

lifestyle

赤ちゃんには「赤ちゃん専用の日焼け止め」がいいの?

投稿日:


赤ちゃんのお肌ってモチモチですが、乾燥や刺激に弱くとっても繊細です。


赤ちゃんとのお散歩は様々な景色や自然を感じさせるためにとても大切ですが、紫外線が赤ちゃんの繊細なお肌に与える影響が気になりますよね。
赤ちゃんの紫外線対策はどのようにすれば良いのでしょうか。

赤ちゃんに日焼け止めは使った方が良い?

紫外線対策と言えば日焼け止めですが、赤ちゃんに化粧品を使うのは抵抗があると言うママも多いですよね。
紫外線よりも日焼け止めの方が赤ちゃんに良くなさそうと思ってしまうかもしれません。

でも日焼け止めを塗らずに紫外線をそのまま浴びてしまう方が良くないんです。
紫外線は日焼けにより乾燥など肌荒れの原因となったり、将来の皮膚がんやシミの発生リスクを高める元となってしまいます。

そうならないためには、赤ちゃんと言えども日焼け止めを塗ってしっかりと紫外線対策を行うことが大切です。
適切な紫外線対策を行うことで、安心して赤ちゃんとお散歩をすることができます。

赤ちゃんの日焼け止めの使い方で気を付けることとは?

まず、日焼け止めを使えるのは生後3ヶ月からです。
それまではお散歩の時間を短くしたり、紫外線が多いとされる10時~14時を避けるようにすると良いですね。

日焼け止めを塗るときにはこすらずにそっと伸ばすようにしましょう。
赤ちゃんの皮膚は大人の半分の厚さしかないので摩擦にとても弱く、優しく扱うようにする方が良いんです。

赤ちゃんはいつもよだれを垂らしているので、口周りの日焼け止めが落ちてしまいます。
日焼け止めを持ち歩いて、小まめに塗り直してあげるとより効果的です。
首周りなどの汗をかきやすい部分も塗り直すようにしましょう。

また、お散歩が終わったらすぐに日焼け止めを洗い流して肌への負担を最小限にすることも大切です。
洗ったあとはしっかり保湿してあげることで、モチモチのお肌を保てます。

赤ちゃん専用の日焼け止めを使った方が良い?

日焼け止めの成分には紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があり、紫外線吸収剤は紫外線を肌に留めてしまうため肌への負担が大きくなってしまいます。

赤ちゃん専用の日焼け止めは紫外線散乱剤のみとなっており、肌荒れしにくい成分で構成されているので安心です。

パックスベビー UVクリーム ( 30g )/ パックスベビー ( パックスベビー uvクリーム クリーム 日焼け止め )

赤ちゃん専用の日焼け止めはその分UVカットの指数であるSPFやPAが低めですがお散歩程度であれば十分です。
何種類も日焼け止めを揃えるのが大変な場合は赤ちゃん専用の日焼け止めをママが使っても十分効果がありますよ。

紫外線吸収剤不使用<SPF17、PA+>
赤ちゃんの敏感なお肌にやさしい安全なUVクリーム。
敏感肌の大人の日焼け止めとしてもおすすめです。
保湿成分のカミツレエキス配合。石けんでやさしく洗い流せます。

 

赤ちゃんの繊細なお肌を守ってあげられるのはママだけです。
正しい知識で赤ちゃんを紫外線から守ってあげましょう。


-lifestyle

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.