アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

lifestyle

覚えておきたい!日傘の選び方とは?

投稿日:


紫外線は日焼けだけではなく、乾燥など肌荒れやシミの原因になるなど女性の肌に様々なダメージを与えてしまう困った存在ですよね。
紫外線対策の方法と言えば日焼け止めの他に、日傘をさすと言う方法があります。

e55dc0ce6949d6b450de22848b9b50bf_s

しかし日傘による紫外線対策は本当に効果があるのでしょうか。
日傘の効果や選び方についてまとめてみました。

日傘は本当に効果がある?

結論から言うと、効果がある日傘とない日傘があります。

傘そのものには紫外線カット効果がある訳ではなく、簡単な遮光効果があるだけです。
日傘の紫外線カット効果は生地に施されたUV(紫外線)カット加工によるものです。
そのためUVカット加工がきちんと施された日傘を選べば、効果があると言えます。

一般的に白い日傘は紫外線対策効果はあまりないと思われていますが、UVカット加工がされていれば色はあまり関係ありません。
しっかりとUVカット加工がされている日傘を使うことで紫外線対策を行うことができます。

晴雨兼用でも効果は同じ?

日傘を持っていても雨が降ると役に立ちません。
どうせなら晴雨兼用の方が便利ですよね。

でも晴雨兼用傘の紫外線カット効果は普通の日傘に比べて弱そうと思っている方は多いと思います。

実は普通の日傘も晴雨兼用の傘も紫外線カット効果はほとんど変わりません。
晴雨兼用傘の撥水加工にはUVカット効果があるため、十分に紫外線対策効果があります。
ただ、雨を避けるためには普通の日傘のようにレース生地などを使った可愛らしいデザインにできないと言うデメリットがありますね。

日傘を選ぶときにチェックしたいこと

日傘を選ぶときにはまずは普通の日傘か、晴雨兼用傘のどちらにするかを決めましょう。
デザイン重視なら普通の日傘、実用性重視なら晴雨兼用ですね。

一番大切なポイントはUVカット率です。

最近の日傘は99%~100%のカット率となっているものが多いので、できるだけ数値の高いものを選びましょう。
UVカット加工によりカット率が決まるため傘の色は関係ないと言われていますが、傘の内側の色は注意が必要です。
明るい色の傘は上からの紫外線はカットできても、地面から跳ね返る紫外線を吸収できずに肌に照り返してしまいます。
傘の内側の色はできるだけ暗いものを選ぶと良いですね。

また、日傘はレース生地などで可愛らしいデザインとなっているものも多いですが、デザインによっては布が張られていない部分があり紫外線を通過させてしまうようなものもあります。
可愛さだけで選ばないように気を付けましょう。

日傘はよく選んで使うことにより十分に紫外線対策をすることができますが、日傘から出てしまう部分や地面からの跳ね返りにより一部紫外線を浴びてしまいます。
日焼け止めやアームカバーなどと併用することによって、完璧な紫外線対策をしましょう。


-lifestyle

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.