アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

mind&mental

間違えても自分を責めてはいけない

投稿日:


私たちは,毎日の生活の中で,たくさんの選択をします。

  • 何を飲むか
  • 何を食べるか
  • 誰に何を言うか
  • 誰と何をするか

誰しも,正しい選択をすることもあれば,間違った選択をすることもあります。

間違えること自体は悪いことではない

いつでも,すべて,正しい選択ができれば悩むことはありません。
ところが,人は,間違った選択をしてしまうものです。

冷静さを失い,衝動的な行動をすることもあります。
正常な判断ができず,愚かな行動をしたり,人を傷つける言動をしてしまうこともあります。

このように,そのときは,「正しい行動」や「正しい判断」だと信じて,行動したものの,実は,それは最善の選択ではなく,むしろ,悪い選択であったというケースは,誰にでも起こりえます。

しかし,そんな状況になっても,自分を責めてはいけません。

単に,あなたは,選択を間違えただけであって,「あなたが,良い人間か,悪い人間か」とは,関係ありません。
ですから,自分を責めて,自分を否定するような考えは,やめなければいけません。

たとえば,自分の周りの人のことを思い浮かべてみて下さい。

間違ったことをしない人が,すべて良い人と言えますか?
反対に,間違ったことをする人は,すべて悪い人でしょうか?

間違えても自分を責めない

間違った選択をしてしまったときに,やるべきことは,自分を責めることではありません。

自分を責めても,間違ったこと自体は,取り消すことができません。
しかし,間違ったことは,「あなたが悪い人間だ」ということではないのです。

考えるべきことは,「次に,どうするか」です。
あなたがすべきことは,次の選択で,同じような間違いをしないように,慎重に考えて行動することです。

1度は,「間違えた!」と思っても,その次の行動によっては,最終的には,最初に思い描いていたよりも,より良い結果になることもたくさんあります。

いつも,「悪いこと」ではなく,「良いこと」を考える癖をつけましょう。
悪いことを考えていると,気分が滅入りますし,やる気もなくなります。

無理してでもポジティブに考えることで,少なくとも,悪い気分を避けることができます。
自分で自分を苦しめることだけはやめましょう。
自分の気分を,自分で悪くするなんて,あなたにとって,何も良いことがありません。
どうせ,考えるなら,ポジティブに,前向きなことを考えましょう!


-mind&mental

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.