アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

cooking

美容と健康に効果あり!おいしい梅酒の作り方

投稿日:


おいしくて、身体にもいいと人気の梅酒。

自分のために、家族のために、とびきり美味しい「本格梅酒」作ってみませんか?

梅酒はいつから作るのがベスト?

梅酒を、初めて作る時はわからないことばかりですよね。

まず、梅酒を作る時期について。

5月の半ば以降6月にかけて、スーパーの野菜売り場に青梅が並び始めます。
すぐに買って作りたくなるかもしれませんが、ちょっと待って下さいね。

美味しい梅酒を作るためには、良い青梅を選ぶことが大切なんです。
出始めはまだ、梅の実が小さく未熟な場合もあるのでしばらく様子を見て、実が大きくつやがあるものが出てきてから、お買い求め下さい。

f015c8304875679af3177a468282a4c9_s

梅酒に使う梅の選び方

梅酒は、使う梅の種類によって味が変わります。

青梅ならスッキリした味になります。

黄色く熟した完熟梅でも作ることができ、まろやかで香りのあるものに仕上がります。

しかし、果肉が柔らかく溶けやすいので、濁りやすく長期保存しにくい場合があります。

日光をたくさん浴びて紅く染まった紅南高梅を使うと、クエン酸、ポリフェノール、抗酸化能がアップするそうです。手に入ったら、是非作ってみたいですね。

青梅を選ぶときのチェックポイント
  • 実が大きい(2Lくらいがいいといわれています。)
  • しわがなく、ツヤがある
  • 傷がない

「やっぱり、南高梅がおいしい」という意見もありますが、南高梅でなくても、味わい深い梅酒を作ることはできるので、こだわらなくても大丈夫です。

おいしい梅酒の作り方

用意するもの
  • 青梅  1㎏ (梅の風味を強めるために100g程度なら追加しても大丈夫)
  • 氷砂糖 500g~800g(甘いのが好みなら1㎏までなら増やしても大丈夫)
  • ホワイトリカー 1.8ℓ(アルコール度数35度の果実酒用のお酒です)
  • 4ℓ以上の保存ビン(きちんと蓋がしまるものがオススメです)
  • 竹串  2~3本(青梅のへたを取るために使います)
梅酒の作り方

さあ、それでは梅酒を作りましょう。

  1. ビンの煮沸消毒をする①まず、ビンをきれいに洗います。
    ②熱湯を少し注いで傾け、回して消毒します。
    熱いので、やけどに注意してくださいね。
    ③きれいなふきんで、水気をふき取ります。
    ④ビンの口を下にして、乾燥させます。
    カビがはえやすくなるので、しっかり乾かしましょう。
  2. 青梅をきれいに洗う
    洗剤、スポンジは使わず流水できれいに、丁寧に洗います。
  3. あく抜きをする
    たっぷりのお水に洗った梅をつけてあく抜きをします。
    青く硬い梅は1~2時間つけます。
    完熟梅は、あく抜きはしなくても大丈夫です
  4. きれいに水気をふきとる
    きれいなタオルで、一つずつしっかり,水気をふき取ります。
  5. 青梅のへたを取る
    竹串でへたを一つずつ取ります。へたをていねいに取ると、梅酒にエグ味がなくなりますよ。
    また、梅は金気を嫌うといわれていますので,必ず竹串を使ってくださいね。
  6. 青梅と氷砂糖を交互にビンに入れる
    ①青梅を入れます。
    ②氷砂糖をその上に入れます。
    ③青梅を②の上に入れ、氷砂糖を入れます。
    ④さらに、③の上に青梅を入れ、その上に氷砂糖をのせ、最後に青梅を氷砂糖の上にのせます。
  7. ワイトリカーを注ぐ
  8. きっちり蓋をしめて涼しい冷暗所に保管する。

これで、梅酒の仕込みは完了です。
後は、刻々と変わるビンの中の様子を楽しみに見ながら、美味しい梅酒の出来上がりを待つだけです。

梅酒はいつころ飲める?

仕込んだ梅酒は、3か月から6か月で飲めますが、個人的にはやはり1年くらい置いた方がコクが増して 美味しいと思います。

梅の実はどうする?

梅の実は、1年くらいたってから取り出します。
梅酒が濁ったり、梅がくずれてこなければつけたままでも大丈夫ですが、梅のエキスは完全に抽出されていますので、取り出してそのまま食べても、ジャムにしてもいいですよ。
ただ、アルコールが入っていますから、お子様には気を付けてあげてくださいね。

26ad936e5a6e2e026b8261eb25149b1a_s

よくあるご質問
  1. 氷砂糖の代わりに、はちみつや黒糖を使ってもいい?
    氷砂糖を使うのは、溶ける速度がちょうどよいからです。溶けにくいものなら、蜂蜜や黒糖でも大丈夫です。
  2. ホワイトリカー以外のお酒でも作れるの?
    他のお酒で作るときは、アルコール度数に注意してください。
    アルコール度数が低いと、梅のエキスが抽出されにくくなり、カビがはえる危険性があります。また長期保存も難しくなります。

焼酎、ブランデー、ウイスキーなどのアルコール度35度以上のお酒で作るのがおすすめです。日本酒で作るときは、アルコール度数が低いので注意が必要です。

また、梅酒は果実酒なのでアルコール度数20度未満のお酒で作ることは酒税法で禁止されていますので注意しましょう(密造酒になり酒税法に抵触します)。


-cooking

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.