アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty health

砂糖の取りすぎは肌に良くないという事実

投稿日:


甘いスイーツを食べると幸せな気分になりますが、その中には白砂糖がたっぷり入っています。

2e8d0d9702649f6bb13eefdb1a2a7476_s

白砂糖を摂りすぎると美容に悪影響があるんですよ。
その影響と理由についてまとめてみました。

白砂糖の摂りすぎで起こる美容面のトラブルとは?

・肌に潤いがなくなる

肌の潤いを保つのに大切なものの1つにコラーゲンがありますよね。
肌に十分なコラーゲンがないと水分を保つことができず、潤いが失われてしまいます。
白砂糖はコラーゲンを構成しているタンパク質を破壊してしまうんです。
日常的に白砂糖を摂り続けていると、どんなに肌に直接水分を与えてもカサカサになってしまいます。

・ニキビなどの肌トラブルが増える

白砂糖などの糖質は体内で分解される時にビタミンやミネラルを消費するのですが、その中でもビタミンB1を多く消費してしまいます。
ビタミンB1は肌の再生機能を正常に保つために必要なビタミンのため、不足するとニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。
ご飯など炭水化物を食べることでも消費されるため、白砂糖を摂ってしまうとビタミンB1は本当に足りなくなってしまうんです。

・シミやシワが増える

白砂糖などの糖質とタンパク質が加熱によって合わさるとAGEsと呼ばれる物質に変化します。
女性に人気のパンケーキなどにはたくさん含まれていますね。
このAGEsは様々な悪影響を引き起こしてしまう物質で、肌に対しては老化を招き、シミやシワを増やす原因となるんです。

・浮腫みが酷くなる

夕方になると浮腫んで足がパンパンになってしまうのは白砂糖が原因かもしれません。
水分を溜め込むと言えば塩分が有名ですが、実は糖質も摂りすぎると水分を溜めて浮腫みの原因になるんです。
マッサージや塩分の制限でも改善しない浮腫みがある方は、糖質を摂りすぎていないか見直してみましょう。

・肌がくすむ

白砂糖の摂りすぎで溜まった糖質は、肌の上で皮膚のタンパク質と結合してしまいます。
それにより本来肌には必要のない糖質が留まってしまい老廃物が溜まってしまうことになるんです。
古くなった老廃物が留まり続けることで血流が悪化し、肌のくすみが出てしまうんですね。
白砂糖が原因のくすみはファンデーションをのせてもなかなか隠れないんです。

一生懸命美肌のためにスキンケアやマッサージを行ってもトラブルや悩みが消えないと言うのは、白砂糖の摂りすぎが原因かもしれません。
思い当たる方は白砂糖の量を減らしてみるようにしましょう。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty, health

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.