アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty

気になる目元のクマ!種類と原因は?

投稿日:


目元にクマがあると、疲れた印象の顔になって「寝不足?」なんて聞かれたりしますね。

また、印象が実年齢よりも上に見られることもあります。
女性にとっては、目元のクマは美容の敵です。

いったい目元のクマってなんでできるのでしょうか?
そこで今回は、気になる目元のクマの種類と原因についてご紹介しようと思います。

目元のクマとは?

目元のクマとは、寝不足やストレス・加齢などで起こります。

リンパの流れが悪くなり、目の下のクマとなって現れます。
目元のクマは3種類あり、それぞれになる原因が違います。

次に、目元の3種類のクマについてご紹介しましょう。

目元のくまの種類は?

1・青クマ(冷え性・肩こりや頭痛もちの人に多い)

2・茶クマ(アトピー性皮膚炎・皮膚が弱い方に多い)

3・黒クマ(高齢者に多い)

以上の3つ種類があります。

次に、目元のクマの原因についてご紹介しましょう。

目元のクマの原因とは?

青クマの原因は?

ストレスや睡眠不足、目の疲れなどで血行不良になり起こります。

また、パソコンや本を長く凝視していると目の周りの筋肉が動かないので血流が悪くなり青クマの原因になります。

茶クマの原因は?

色素沈着が原因しています。
目元の皮膚はとても薄くてデリケートです。
このため、紫外線や目をこすったりするだけでシミやくすみを起こします。
茶クマは、目の下だけではなく上瞼も茶色くなるのが特徴です。

黒クマの原因は?

加齢によるたるみが原因しています。
他には、生まれつき目の下の脂肪が少ない方も黒クマになりやすいです。
加齢で目の下の筋肉が緩み目袋になります。
その下にへこみが生じて影ができて黒クマができます。

この他にも目の下のクマは病気のサインでもあります。

体調が気になる方は一度、病院に行って診察してもらうのがいいですね。

まとめ

目元のクマは一般的にはリンパの流れが悪くなり血行不良で起こります。
目元のクマは3種類ありそれぞれ原因も違います。

1・青クマ(冷え性・肩こりや頭痛もちの人に多い・血行不良)

2・茶クマ(アトピー性皮膚炎・皮膚が弱い方に多い・色素沈着)

3・黒クマ(高齢者に多い・加齢によるたるみ)

以上、目元のクマの種類と原因についてご紹介しました。

 

 
この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.