アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty

自宅で使える白髪染めの種類とは?

投稿日:


女性にとって白髪は、お洒落をする上での天敵でもありますね。

白髪があるだけで、実年齢よりも上にみられて憂鬱になってしまいます。

そこで、白髪染めをしようと思うのですが、美容院での白髪染めは思ったよりもお金がかかったり、時間を取られるので中々利用できません。
その点、市販の白髪染めはお金も時間もあまりかかりませんね。

今回は、市販の白髪染めの種類とその特徴についてご紹介しようと思います。

ヘアカラー

白髪染めで最もよく使われている白髪染めです。
店頭にもたくさんの種類が並んでいて、自分の好みのカラーで染めることができます。

■ヘアカラーのメリットとデメリット

メリット

  • カラーの種類が豊富で自分好みのカラーが選べます。
  • しっかり染まって持続時間も長いです。約1ケ月~1ケ月半
  • 自宅で簡単に白髪染めができます。

デメリット

  • ジアミン系の染料が入っています。この染料はアレルギー物質なので、アレルギー体質の方は使用できません。
  • 匂いがきついため、ツンとした匂いが嫌いな方にはお勧めできません。
  • 長年使用していると、経皮毒の心配があります。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、地肌につけずに塗布していくカラー剤です。
キューティクルを開かずに染料を髪にコーティングしていく処方です。

ヘアマニキュアのメリットとデメリット

メリット

  • 地肌につけずに塗布していくので、地肌にとても優しいです。
  • 染める工程でキューティクルを無理に開かずにコーティングしていく方法なのでキューティクルが剥がれず、髪に優しいです。
  • 髪にハリやコシがでる。
  • 自宅で簡単にできる
  • 髪色が選べる
デメリット
  • 塗布する際に地肌に染料がつくと中々落ちません。
  • 毛の根元から上を塗布していくので、持ちが悪いです。
  • 黒髪には効果が薄いです。
  • 髪の表面をコーティングするのですぐに色落ちします(1ケ月程度)

トリートメントタイプ

最近は健康志向の方が多くいらっしゃいます。
そんな方におすすめの白髪染めがトリートメントタイプです。
昔は、ネット販売が主流でしだか、最近は店頭にも多く並んでいるのを目にしますね。

美髪ケアしながら根本・生え際までしっかり染まるトリートメントタイプの白髪染め

トリートメントタイプのメリットとデメリット

メリット

  • ノンジアミンなので、敏感肌の方やアレルギー症状のある方もお勧めです。
    トリートメントタイプの染料は海藻や植物を使用しています。
    海藻や植物にアレルギー反応を起こす方は使用できません。
  • ヘアカラーは、ジアミン系の化学染料を使っています。
    トリートメントタイプのカラー剤は、天然由来の成分が入っているので頭皮や髪にとても優しいです。
  • 使い続けていくと、トリートメント効果で髪がサラサラになっていきます。
  • 自宅で簡単に染められる。

デメリット

  • 発色するのに時間がかかる。一度では発色できません。何度も重ねることで徐々に発色していきます。
  • 色を持続する時間がとても短いです。よって月に2~3回使用するため、面倒ではあります。
  • カラーバリエーションが少ない。
    カラートリートメントのようにカラーが豊富ではありません。
    商品によって違いますが、色目は2~6色くらいしか選ぶことができません。
まとめ

白髪染めは、3つのタイプに分かれています。
しっかり染めたい人、健康を重視する人、お洒落を楽しみたい人。
あなたにあった白髪染めをして、日々楽しく生活していきましょう。


 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.