アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

lifestyle

お札やお守りの処分に困ったら,この方法!

投稿日:


新年を迎えたときの初詣や、厄払いなどのタイミングでもらったお札やお守りの処分に困ったことはありませんか?

a8582c828e2a5eaeaee25c52763f3b08_s
よくわからないけど適当に処分したらバチが当たりそうだし…とそのままにしてしまっている人も多いかもしれません。
もらったお札やお守りはどれくらい持ち続ければいいのか、いつどのように処分すれば良いのかをまとめてみました。

お札やお守りの効果はどれくらい続く?

基本的にその効果があるのは神社などで受け取ってから1年間と言われています。
1年守ってくれて役目を終えたお札やお守りは、正しく処分をして休んでもらいましょう。
初詣でもらったお守りは翌年の初詣で新しいものに取り替えて、古いものはどんど焼きに出します。

注意が必要なのは、2月頃の厄払いでもらったお守りを翌年の1月のどんど焼きに出してしまうとまだ1年経過していないと言うことです。
さらに翌年のどんど焼きに出すのが正解です。
もらった時期を覚えておくといいですね。

ただ、神棚に納めるお札はきっちり1年ごとに新しいものに変える必要がありますが、受験や恋愛、出産などの願をかけて思い入れの強いお守りはそのまま持っていても構いません。
その場合は戸棚や鞄の中に押し込んでおくのではなく、粗末にならないように保管するようにしましょう。

お札やお守りは神様の代わりだったり、想いが込められているものなので、ホコリまみれにしないように気を付けたいですね。

古いお札やお守りは、もらったところと違う神社やお寺に納めても大丈夫?

本来なら役目を終えたお札やお守りはもらった神社やお寺に納めるものですが、旅行先でもらった場合や引っ越しをしてしまった場合は難しいですよね。
そのような時はもらったところと違う神社やお寺に納めても構いません。

奉っている神様や流派に違いがあっても問題になることはないと言えます。
最低限、神社でもらったものは神社に、お寺でもらったものはお寺に納めるようにすると良いでしょう。
心配な場合は神社やお寺に電話で問い合わせると親切に教えてくれます。

近くにお寺がない、お札やお守りがたまってしまった…と言う場合は年明けのどんど焼きにまとめて出しても大丈夫です。
ゴミに出すなど粗末に扱わないようにすれば大きな問題はないですよ。

扱いに困ることもあるお札やお守りですが、受け取った想いをそのままにせず正しく納めるようにしましょう。
処分をするときにはそれまで守ってくれたお札やお守りにお礼を言うようにするといいですね。

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-lifestyle

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.