アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

cooking

冷凍OK野菜とNG野菜、種類と冷凍方法教えます!!

投稿日:


野菜を上手に冷凍できたらいいですね。

af31a317e866e79d4e99030716ab40d1_s

でも、冷凍すると栄養価値が落ちるんじゃない?

そんな心配をする方もいますね。

でも、大丈夫です。
野菜の種類によっては、栄養価値をキープするだけでなく、味もアップする野菜があるんですよ。
また、冷凍してはいけない野菜もあります。

今回は、そんな冷凍野菜についてご紹介しようと思います。

冷凍OK野菜5つと冷凍方法

冷凍しても大丈夫な野菜、お勧めしたいトップ5です。

  1. キノコ類
  2. ブロッコリー
  3. 小松菜
  4. ネギ
  5. 人参

以上5つの野菜がお勧めです。

キノコ類や小松菜は冷凍することで味がアップします。
ブロッコリーや人参なでは栄養価値がそのままキープできますよ。

覚えておきたい冷凍方法と使い方
  • キノコ類
    石突を切って、調理する形に切って冷凍します。
    石就も冷凍します。
    調理に使うときは、戻したりしません。
    凍ったままの椎茸を使います。
  • ブロッコリー
    ブロッコリーが余ってしまうことってよくありますね。
    そんな時は冷凍しましょう。
    房ごとに切ってさっと湯がきます。
    時間は20秒~30秒湯がくだけ。
    キッチンペーパーや布巾などでしっかり水気をとって、急速冷凍をします。
    調理のときは、解凍せずにそのまま使います。
  • 小松菜
    しっかり水分をふきとり、調理しやすいように切り冷凍保存袋にいれて冷凍します。
    空気はしっかりぬきましょう。
    生で食べる場合は、袋のまま水(流水)につけて解凍します。
    炒める場合は凍ったままで調理します。
  • ねぎ
    小口切りをして冷凍している方が多いと思いますが、そのままだとネギ同士がくっついてしまいます。
    サラサラで使いたいですよね。
    それにはキッチンペーパーを使います。
    切ったネギをキッチンペーパーで挟みます。
    一晩冷蔵庫で保存して翌日キッチンペーパーを取り出し冷凍します。
    こうすることで、いつまでもサラサラのネギを使うことができます。
  • 人参
    お勧めは皮ごと冷凍です。
    人参の皮には、カロチンがたくさん含まれています。
    綺麗に洗って水けをふき取り、調理しやすいように切って一機に冷凍してください。
    煮物用に切る場合は、大きくカットするので、少し茹でて冷凍した方がいいです。

冷凍に向かない野菜があるので要注意!

野菜の中には冷凍NG野菜もあります。
無理に冷凍しないほうがいいものもあります。

  1. じゃがいも
  2. きゅうり
  3. たけのこ
  4. 大根
  5. レタス

以上5つの野菜は冷凍には向いていません。
冷凍はできても味が落ちたり、食感が落ちたりします。

レタスやきゅうりは、水分が多い野菜です。
冷凍することで組織が壊れてしまうので食感が落ちてしまいます。

また、じゃがいもや大根、タケノコなどの根菜類は、水分が凍ってしまい、フカフカ、スカスカになってしまいます。

以上5つの野菜は、調理をして味を染み込ませてから冷凍することをお勧めします。

冷凍OK野菜とNG野菜、上手に使い分けると料理のレパートリーも広がり手間も省けます。
ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-cooking

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.