アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

cooking

冷凍野菜!気になる栄養と賞味期限は?

投稿日:


野菜を大量買いしたときに、冷凍する方が最近増えていますね。

そう言う私も、よく冷凍をしています。
でも、冷凍をすると野菜の栄養価はダウンするような気がしませんか?

また、賞味期限も気になりますね。

そこで今回は、冷凍野菜の気になる栄養と賞味期限をご紹介しようと思います。

冷凍野菜の賞味期限は?

冷凍野菜の賞味期限はおよそ1ケ月~2ケ月と言われています。

しかし、この期限は上手に冷凍ができている場合に限ります。

  • 野菜はカットして小分けにする。
    生のままでいける物とさっと茹でた方がいい野菜とがあります。
  • 水分をよくふきとる。
  • アルミトレイに並べて急速冷凍。
    その後フリーザーバックに入れて再度冷凍。

家庭用の冷凍庫は-18℃です。
開閉を何度もするので温度はそれよりも下がっています。

心配な方は1ケ月くらいで食べきるのがいいですね。
冷凍しても早めに食べることを心掛けていれば、2ケ月も冷凍庫で眠っていることは少ないのではないでしょうか?

冷凍野菜の栄養はどう変化する?

上手に冷凍できた野菜。
しかし、栄養面も気になりますね。

人によっては、「ビタミンCが失われてしまう」という方もいます。

しかし、「日本食品保蔵科学会誌」の-24℃保存期間中のビタミンC含有量の変化をみてみると、1ケ月後のビタミンC含有量は多少減りますが、数カ月たってもあまり変わりがないことがわかっています。
このことから、栄養面はダウンすると言われるのかもしれません。
ビタミンCは、水溶性なので簡単に減ってしまうものです。
湯につけるだけでも減っていきます。

そう言う意味では、冷凍すると「多少」落ちるということなのであまり気にすることはないですね。

冷凍野菜・冷凍の仕方で気をつけたいポイント

冷凍野菜は、冷凍の仕方で栄養も変化します。

ドリップには要注意!

冷凍した野菜を解凍するとき、なんだか柔らかすぎると感じますね。
これは、ドリップ(※)のせいです。

※ドリップとは・・・野菜を凍らせると、氷ができます。この氷が解けると水になります。この現象をドリップといいます。

流れてしまったドリップには食品の旨みや栄養も含まれています。
流れ出てしまうために、味も栄養も一緒に落ちてしまいます。

栄養を変化させないためには?

前述の冷凍の仕方に加えて、野菜類は茹でて冷凍するほうが持ちも味もいいです。

ドリップを減らす

ドリップを減らすには、野菜の水分を少しでも減らすことが大事です。

  • さっと茹でる
    さっとゆでることで熱を加えるだけなので酵素が壊れて栄養価が変わりません。
  • 葉物類は茹でたあと氷水につけます。

以上、冷凍野菜の気になる栄養と賞味期限についてご紹介しました。
大量に野菜を買ってしまった場合、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-cooking

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.