アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty

化粧品に含まれている美白成分、アルブチンを知っていますか?

投稿日:


美白はしたいけれど、お肌に影響があるのでは?と心配する声がたくさんあります。

7c9790dc2013e44f61d87e8eb6a47f2b_s
一時、マスコミで話題になったカネボウの美白化粧品による「尋常白斑」が問題視された為だと思います。

あの美白成分は、厚生労働省も認可した医薬部外品でした。

しかし、2008年に認可されたもので比較的新しい成分のため、長時間使用するとどんな副作用があるのかが国もわかっていませんでした。
では、美白成分である「アルブチン」は大丈夫でしょうか?

そこで今回は、化粧品に含まれている美白成分、アルブチンについてご紹介しようと思います。

美白成分のアルブチンとは?

カネボウが独自に開発した美白成分「ロドデノール」や皮膚科で使われている「ハイドロキノン」は、強力なチロシナーゼ抑制効果があります。
そのため、使用方法を間違ってしまうと前述した「尋常白斑」になる副作用が心配されます。

しかし、美白成分の「アルブチン」はハイドロキノンの配糖体で天然由来成分です。
美白効果や色素沈着効果は弱いですが、チロシナーゼ抑制効果もあり、安全な成分です。

アルブチンはハイドロキノンとブドウ糖からなる配糖体です。
構造はハイドロキノンによく似ています。

美白アイテムとして、よく使われている成分です。

実はアルブチンには2種類ある

・α-アルブチン(コケモモ・梨などに含まれている植物)

・β-アルブチン(ウルワウルシ・天然植物の抽出物)

β-アルブチンよりもα-アルブチンの方が10倍の美白効果があります。

実はアルブチンには天然素材と合成素材がある

商品を購入する際は、よく確かめてから購入するようにしましょう。

とは言え、成分表をみてもよくわからないですね。

肌の弱い方が使用する際は、商品のお客様相談センターなどで問い合わせてみるのもいいですね。

アルブチンの効果とは?

  • シミ予防
  • くすみ予防
  • メラニンの生成を助けるチロシナーゼの抑制
  • 殺菌作用
  • 美白効果

アルブチンにはシミになる原因のメラニンの生成を助けるチロシナーゼを抑制する働きがあります。
このため、シミの予防効果やくすみ予防効果があります。

2種類のアルブチンの効果

α-アルブチン

  • ハイドロキノンとブドウ糖を結合させたもの
  • β-アルブチンよりも美白効果が10倍もある
  • 最近では、α-アルブチンが配合された化粧品が多くなっている

β-アルブチン

  • 美白有効成分
  • α-アルブチンよりも肌との相性は低い
アルブチンに副作用はある?

アルブチンは植物天然由来成分です。
植物にアレルギーのある方は、稀にアレルギー反応がでる方がいます。

また、アルブチンの中には合成されたものもあります。
肌が弱い方は成分表をみて購入することをお勧めします。成分をみてもよくわからない方は、商品のお客様相談センターなどで尋ねてみましょう。

アレルギーを心配される方は、使用する前にパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

以上、美白成分のアルブチンについてご紹介しました。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.