アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty

化粧品に入っているジメチコンは肌にどんな影響がある?

投稿日:


日々変化をし続ける美容業界。
どれが正しくて、どれが間違っているのか本当のところわかりにくくなっているのも事実です。

肌が潤っているからいい化粧品だと思っていたのに、実は潤い成分は天然由来ではなく化学物質が含まれていたりします。
髪がサラサラになるから使い続けていたら、髪を染めるとき染まりにくい髪質になってしまったと言う話も聞きます。

化粧品やシャンプーなどに含まれているジメチコンはいったい肌にどんな影響があるのでしょう?
今回は、ジメチコン入りの化粧品の肌への影響をご紹介しようと思います。

ジメチコンとは?

ジメチコンを知っている人は少ないのではないでしょうか?
では、シリコンはどうでしょう?誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ジメチコンは、シリコンの一種でいろんな化粧品に配合されています。
消泡剤、皮膚保護材、閉塞剤として使われている化学成分です。

無機質のケイ素を主成分としているので安全性が高いため、ジメチコンが含まれている商品には無添加製品と謳っているものもあります。

そんなジメチコン入りの化粧品の良い点と悪い点をご紹介しましょう。

ジメチコン入りの化粧品の良い点
  • ベタベタ感がなく、肌に潤いを感じる
  • 汗に強いファンデーションや落ちにくい口紅
  • シワの凸凹の補修をしてくれる
ジメチコン入りの化粧品の悪い点
  • 化粧品を落としにくい
  • 皮膚をコーティングするので、肌の代謝が悪くなり肌荒れを起こす
  • 使い続けると、セラミドが減り弱い肌になってしまう

化粧品のジメチコンは肌に影響があるか?

ジメチコンが肌に与える影響は、以下のとおりです。

  • 肌の代謝を妨げてしまう
  • 肌荒れのトラブルがある
  • 弱い肌になる

ジメチコン自体は、無機質のケイ素を主成分としているので人体に悪影響はありません。
しかし、長期間使用すると肌に悪影響がでてきます。

実は、ジメチコンは合成ポリマーです。
化粧品に合成ポリマーを入れると、テクスチャーは「とろみ」を感じます。

肌につけるとツルツルしています。
これは、肌がツルツルになったのではなく、ツルツルになったと錯覚しているにすぎません。

何故なら、肌の表面をコーティングしてツルツルにしているだけだからです。

何故、ジメチコンが化粧品に使われるのか?

合成ポリマーのジメチコンは、変質しない・腐らない・安価です。
このため、乳化剤として化粧品に使用されています。

ジメチコンは、短期間で使う分には肌への悪影響はありません。
しかし、長時間使い続けると、肌荒れのトラブルや肌の代謝を妨げたりして弱い肌になってしまいます。
現在、ジメチコンが入っていない化粧品を探すのが大変なくらい殆どの化粧品に入っています。

肌トラブルが気になる方は、化粧品の成分表を確認して使用することをお勧めします。

 

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.