アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty

香水は正しい使い方で女子力アップ!

投稿日:


素敵な香りの香水は女子力をグッと高めてくれる大切なアイテムです。

でもつけ方を間違えるとケバケバしい印象になったり、キツいニオイになって周りに迷惑に思われてしまうこともあります。
香水をつけるときの注意点について、まとめてみました。

香水の正しいつけ方

香水はつけてから30分後が一番落ち着いた香りになると言われています。
つけてすぐは香りが強すぎるので、出掛ける30分くらい前につけるようにすると良いですね。

また、つけてから時間が経つと香りが変わるタイプの香水もあるので、好みの香りになる時間を見極めておくと良いでしょう。

スプレー容器に入った香水はワンプッシュが適量、ボトルに入った香水は容器を傾けて1滴垂らした量が良いと言われています。

しかしボトルタイプは出すぎてしまうことが多く、扱いが難しいものです。
ちなみに香水をつけすぎてしまったときには、アルコールをつけたコットンなどで拭き取ると香りが和らぎます。

そんなときにはアトマイザーを使ってみましょう。
アトマイザーは香水専用の詰め替え容器です。

スプレーやローラー式のため量を調節しやすくなっており、出しすぎることがないので安心です。

スプレー式の香水でも、ワンプッシュの量が多すぎる場合などにはアトマイザーを使うと良いですね。

香水をつける場所

香水をつける部分として思い浮かぶのは、手首や首筋ではないでしょうか。
それらの部分は太い血管があり、体温が高く維持されるため、香水の香りが立ち上ぼりやすいことから選ばれています。

特に胸の周辺は心臓に近いため香りがかなり強くなります。
汗もかきやすい部分なので、つけるときにはほんの少量にしておくと安心です。

逆にあまり香りを強くしたくないと思う場合には、太い血管のない部分を選ぶと良いですね。
座ったときに少しだけ香る太ももや足首、自分でも香りを楽しむことができる肩や腕もオススメです。

初めて使う香水はお出掛けしない日に香りの上り方を確認してみると、安心してつけることができますよ。

やってはいけない香水のつけ方

香水をつけるときにはNG行動もしっかり押さえておきましょう。

まず、汗をかいているときに香水をつけてはいけません。
香水の香りと汗のニオイが混じってしまいます。
汗をかいているときには、しっかり拭き取ってからつけるようにしましょう。
脇や背中など、汗をかきやすい部分にはつけないようにするのも大切です。

髪に香水をつける方もいますが、専用のものではない限り髪を傷めてしまう原因になるので注意が必要です。
肌が敏感な場合には下着など衣類に香水をつけるのも良いのですが、シルクや革製品などの製品は素材を傷めてしまうため避けましょう。

また、病人や子供、高齢の方など強い香りで体調を崩してしまう可能性がある方に会うときには香水をつけないようにするのが最低限のマナーですよ。

香水は上手に使うことで女性の魅力を高めてくれたり、存在をアピールすることができるアイテムです。
注意点を覚えて香水を使いこなせる素敵な女性を目指しましょう!

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.