アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty

恥ずかしいガサガサかかと!3つの原因と対策でめざせ美かかと!」

投稿日:


夏になると、サンダルやミュールを履く女性は多いですね。
キレイな素足は女子力もあがり、注目の的です。
でも、あなたのかかとは、大丈夫ですか?
ガサガサしていませんか?

そこで今回は、気になるガサガサかかとの原因と対策をご紹介しようと思います。

かかとがガサガサする原因とは?

  • 乾燥
  • 刺激
  • 水虫

かかとがガサガサになる原因は、以上3つです。

乾燥

私も知らなかったのですが、かかとには、皮脂腺がありません。
皮脂腺がないということは、皮脂が分泌されないので保湿ができないと言うことになります。
だから乾燥する冬場の方が、ガサガサかかとになりやすいのでしょうか?
最近は夏場でも、エアコンなどで空気が乾燥します。
そのため、一年を通してガサガサかかとには注意が必要です。

刺激

パンプス生活の方に割りと多いガサガサかかと。
その原因は薄いストッキングにあります。
パンプス生活が長く続くと、かかとは身体を支えているので嫌でも刺激を受けます。
刺激を多くうけると、人間の身体はうまくできていて、かかとを守ろうとします。
このため、皮膚が硬く厚くなってしまいます。
硬くて厚くなった皮膚が乾燥すると、ひび割れができてしまいます。
これもガサガサかかとの原因になってしまいます。

水虫

え?!
かかとガサガサは水虫が原因している?

・・・ちょっとびっくりですが、本当の話です。
実は水虫は、爪や指の間だけではありません。
かかとにもできてしまいます。
かかとにできる水虫の特徴はひび割れも大変分厚く、かかと周辺に白い粉をふいています。

かかとのガサガサを解消する方法

かかとのガサガサに効く3つの対策をご紹介します。

かかとのガサガサは保湿が一番

尿素配合のクリームで保湿をする。
ハンドクリームやボディークリームは、保湿できても、角質層まで潤いを届けることができません。
必ず、尿素配合のクリームで保湿してください。

ただ、使い過ぎると肌のリズムが乱れる可能性もあります。
使用する際は説明書をよく読んで使用してください。

保湿クリームはお風呂あがりに塗る

お風呂上りは、皮膚も柔らかくなっています。
適度にマッサージをしながら塗ることで角質が柔らかくなり、かかとのガサガサが改善されていきます。

保湿ジェルを使う

角質が厚くなった場合に有効です。
角質層が剥がれるタイプの商品があります。
ぽろぽろとよく剥がれます。
剥がれた後はデリケートです。
乾燥させないためにたっぷりと保湿をしましょう。

最後に、かかと水虫のケアの方法は皮膚科でしっかり治療することをお勧めします。
中々治らないからと治療を断念してしまう方も多いですが、しっかり根気よく治すことが大切です。
水虫は、中々他人にうつることはありません。
しかし、念のためバスタオルなどは別にしたほうがいいでしょう。

まとめ

かかとのガサガサの原因は、乾燥・刺激・水虫です。
対策としては、乾燥させないように尿素入りの保湿クリームを塗ることです。
マッサージをするのも効果があります。
また、角質が厚くなっている方は、保湿ジェルを使ってみてください。
水虫の方は、皮膚科に行って医師の指示に従いましょう。

以上、かかとのガサガサの原因と対策についてご紹介しました。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.