アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty

目の下のクマを予防するならこの方法

投稿日:


人の顔を見る時、最初に目を見る人は多いですね。
その時相手の目が澄んだ美しい目であれば必ずと言っていいほど好感を持つものです。
しかし、いくら美しい目であってもその下にうっすらとクマがあったとするならば…。

命がけで美を守ろうとする女性は、疲れて血行が悪くなり目の下にクマでも出来たら大変と必死で夜更かしを避けますね。
クマは目の皮膚の下に集まっている毛細血管を流れる血液の影響により出現するのですが、大きく分けるとナント3つもの種類がありそれぞれに原因を持ち合わせているのです。

目の下にできるクマの原因は?

◎青クマ

目の下に薄い青色が透けて見えるように横広がりになっている状態です。
原因は血行不良や寝不足、生活習慣病やホルモンの乱れが挙げられますが、冷え性や貧血気味の人が多いようです。
パソコンや読書をする時間が長い人も目が疲れて青クマが出現しやすいですね。
また、生まれつき色が白い人や皮膚が薄く繊細な人も青クマは出やすいです。

◎黒クマ

目の下瞼の皮膚にたるみが出てその下に影が出来、黒い線のようになった状態です。
このたるみは下瞼の皮膚にあるコラーゲンが減少して目立ってきます。
するとたるみでへこんだ部分が黒い線となって黒クマが出来るのです。
老化によるものが大きな原因ですが、骨格も関係してきます。

◎茶クマ

シミやくすみ、または目をこすったりした刺激により色素沈着を起こし、目の下や周りに茶色に広がっている状態です。
紫外線や洗顔時かゆみを感じた時に目をこすった刺激が元々の原因です。

他にパセドウ病や肝機能・腎機能の低下、うつ病や皮膚炎など病気が原因となる場合もありますが、すべては血行不良につながります。

日常生活でクマを防ぐためにできることは?

◎青クマの人

全身の血行を良くする為ウォーキングをしたり、長時間の目の疲れを和らげる為に首や肩のストレッチ、そして目の周りの筋肉ストレッチやツボ押し、マッサージなどが効果的です。
ただマッサージに関しては皮膚を傷めてはいけませんので、なるべく刺激を与えないよう優しく行った方が良いですよ。
またツボ押しは押して気持ち良さを感じる位の強さで目頭や目尻の下を3秒押してパッと離すという方法。半身浴等での血流促進が効果的です。
更に自律神経を整えるヨガ等の呼吸法を用いた運動もその効果は期待できます。

◎黒クマの人

コラーゲンを増やす作用があるレチノール配合の美容液やクリームでのお手入れでアンチエイジングケアを行った対策が効果的です。

◎茶クマ

ビタミンC誘導体等の美白成分配合の化粧品でのケアやピーリングケア、クリームを用いての目元の血行促進マッサージで力を入れ過ぎないように行うとその効果が期待できます。

他にビタミンやミネラル、鉄分等の栄養素をバランスよく摂る事が大切です。

是非ともこのようなクマ予防対策で健康的な美を保ち続けたいですね

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.