アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty

美白の味方!ビタミンC誘導体に副作用はあるの?

投稿日:


白という色は汚れの無い純粋な色。
清潔感、新しさ、眩しさ、神聖な美しさ等を感じます。色白の女性は白の恩恵を受けているかのようで、まさに何もしなくても美肌と言う人が多いようですね。

だからこそ私達は美白にも専念するようになるわけですが、美白成分には様々な種類がありどのような使い方をしようかと迷うばかりです。
安心して使う為には厚生省が医薬部外品として認めている物を選ぶと良さそうですが、それさえも代表的な物として16種類はあるのです。
美白成分のビタミンC誘導体とは、この中の一つなのですが私達の耳にはこの16種類の中で一番馴染みのある名前でしょう。

美白成分「ビタミンC誘導体」とは?

ビタミンCは抗酸化力があり美白効果も十分期待できる成分ですが、空気に触れるとすぐに酸化する不安定な構造でお肌に吸収されにくいという性質を持っています。
そこでこのビタミンCをお肌に吸収しやすい形にした美白成分がビタミンC誘導体なのです。

ビタミンC誘導体の効果は?

ビタミンC誘導体には次の効果が期待できます。

◆コラーゲン生成と増加の促進

ビタミンB3であるナイアシン、ビタミンAであるレチノールと一緒にビタミンC誘導体成分を摂り入れる事で、その働きを活性化させコラーゲンを生成し増やします。

◆メラニン色素抑制

紫外線を浴びる事で、活性化するメラニン色素の生成や色素沈着を防ぎます。

◆アンチエイジング

お肌が受けた刺激で発生する活性酸素を除去し、お肌の老化を防ぎます。

◆肌トラブル抑制

皮脂分泌を抑制して毛穴の詰まりを予防します。その為ニキビ等の肌トラブルの予防にもなります。

更にビタミンC誘導体は水溶性、油溶性、新型の種類に分かれそれぞれの特徴を持っています。

□水溶性ビタミンC誘導体

毛穴の開き、シミ、シワの改善目的です。

□油溶性ビタミンC誘導体

安定性がよく保湿効果が高いです。

□新型ビタミンC誘導体

水溶性、油溶性両方の特徴を併せ持ち浸透力が従来の物と比べかなり高いです。

このように高い美肌効果が期待できるなんて嬉しいですね。ビタミンC誘導体だけのフェイスケアでも良さそうに思えます。

ビタミンC誘導体に副作用は?

ビタミンC誘導体は酸性です。
その為敏感肌の人はピリピリとした刺激を感じる事もあるかもしれません。
元々皮脂分泌を抑制する働きがありますので敏感肌の人は、使用する前に少量のお試しをして、副作用を防ぐようにした方が安心です。

ビタミンCを食品から摂るには果物が最適と言いますがレンコン、じゃがいも、カリフラワー等の白い野菜の方が良いようです。
ビタミンC誘導体は美白ケアとしてもトータル美肌ケアとしてもかなりの効果が期待できますから、それらの食品を使った食事も併せて美白成分を上手に使いこなせれば、憧れの白肌も夢ではなくなるかもしれませんね。

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.