アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty health

冬に起こりやすい静電気、原因はどこにあるか知っていますか?

投稿日:


冬になると決まって起こる静電気。
誰でも一度は経験がある、あのパチパチにはビックリさせられますね。

静電気って何故起こるかご存じですか?起こる原因はどこにあるのでしょう?
今回は、そんな疑問をまとめてみることにしましょう。

976c3279790f2eb365476ba46f2fb30d_s

■そもそも静電気って何?起こる原因を教えて!

静電気は何故起こるのでしょう?
その原因はどこにあるのかまとめてみました。

▼静電気って何?

静電気とは、何でしょう?
人の身体はマイナスとプラス電子からできています。
身体の内部はマイナスで、皮膚表面はプラスでできています。
プラスとマイナスが均等であれば静電気は起こりません。

つまり静電気とは、摩擦やなんらかの力が加わって、マイナス電子が剥がれて身体のプラスとマイナス電子がバランスを崩すと起こる現象のことを言います。

血流がいいとマイナス電子を発生することができますが、血液がドロドロしているとマイナス電子を発生することができなくなり、プラスとマイナスのバランスが悪くなり身体はプラスの帯電状態になります。

この結果、ドアノブなどを触ると皮膚表面はプラスなので外部のマイナスイオンを引き寄せてしまいます。
このときに起こるパチっと言う現象が静電気です。

▼静電気が起こる原因って?

静電気が起こる原因は、摩擦やなんらかの力が加わって起こります。

静電気が起こる原因

  • 摩擦
  • 洋服の組み合わせ
  • 乾燥
  • 体質

静電気が起こる原因はいろいろありますね。
では、季節によって起きやすい時期とそうでない時期がありますが、それは何故でしょう?

■冬になると静電気が増える理由

夏よりも冬に静電気がよく起こりますね。その理由は何でしょう?

▼静電気が冬に起きやすい原因は?
  • 乾燥
  • 洋服の組み合わせ(摩擦)

身体の中で発生した電気は、空気中の水分を伝って逃げていきます。
夏場は湿度が高いため、水分を伝って電気はどんどん放電していきます。
冬場は乾燥して湿度が低いため、中々放電することができません。

そのため、身体は電気を貯めた状態になります。
これが帯電です。

身体はバランスを保つために、外から電気を引っ張ってこようとします。
これが静電気です。

また、冬場の洋服の組み合わせで摩擦が起き、静電気が起こります。

■静電気が身体に与える影響とは?

静電気って身体に悪い影響があるのでしょうか?

▼身体に与える静電気の悪影響って何?

静電気帯電の状態が続いていると、身体からカルシウムやビタミンCがなくなっていきます。
これって、知らない方が多いのではないでしょうか?
では、身体にどんな悪影響を及ぼすのでしょう?

  • 免疫力低下
  • ストレス
  • 貧血
  • 肩こり
  • 胃腸不良
  • 疲労感

以上の体調不良がでてきます。

身体が帯電状態になっていると、室内の埃やダニなどを吸い寄せやすくなっています。
アレルギー体質の方は、埃やダニが原因となる喘息やアトピー性皮膚炎になる可能性も出てきます。
このため特に注意が必要です。

静電気体質にならないためには、生活習慣を整えることが大切です。
バランスのよい食事に心掛け、質のよい睡眠をとり、ストレスをためないように生活をしていくことが大切ですね。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty, health

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.