アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

lifestyle

靴の嫌~なニオイ!原因は?ニオイを取る方法は?

投稿日:


靴を脱ぐといや~なニオイ…。蒸れやすい夏場はもちろん、冬のブーツも気になりますよね。
お食事に行って急に靴を脱ぐことになって困ったという方も少なくないようです。

そもそもどうして靴は臭ってしまうのでしょうか?
靴が臭う原因と、ついてしまった臭いを取る方法をご紹介しようと思います!

靴が臭う原因は?

靴が臭う原因は足にかいた汗だと思っている方も多いようですが、実は汗自体はほぼ無臭なんです。
しかし汗や皮脂をエサにする雑菌が増殖することが臭いの原因となってしまうため、間接的には汗が臭いの原因とも言えます。

汗をかいている自覚はない場合でも、足の裏にはエリクソン腺と呼ばれる汗をたくさん出してしまう部分が集まっているため、実はかなりの量の汗をかいています。

汗をかくことで靴の中の湿度や温度が上がり、さらに雑菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。
靴の中は雑菌にとって、非常に住みやすい環境となっているんですね。

日常的に肉類や乳製品を多く摂る方は、臭いがキツくなる傾向にあります。
靴の臭いが気になるという方は、野菜中心の食生活に切り替えるようにしましょう。

ストレスも臭いの原因となることがあるため、靴の臭いを気にしすぎるのも逆効果となってしまうことがあります。
ついてしまった臭いを取る方法もありますので、気にしすぎないことも大切です。

靴についたニオイを取る方法は?

靴に染み込んでしまった臭いは放置してもなかなか取れません。
しっかりと対策を行って、毎日気持ちよく靴を履きましょう。

10円玉を使う

有名なのは10円玉を使う方法です。
10円玉の原料である銅から出るイオンが、臭いの原因となる雑菌を殺菌してくれます。
帰宅後履いていた靴に10円玉を2~3枚ほど翌日まで入れておきましょう。

重曹を使う

お掃除に便利な重曹は臭いを取る効果も優れています。
靴の中に大さじ1~2ほどの重曹を入れておきましょう。

そのまま入れると後始末が大変なので、ティッシュかキッチンペーパーに包んで輪ゴムで止めておきます。
何度か繰返し使うことができますよ。

市販のスプレーを携帯する

靴の臭いを消すための市販のスプレーも売られていますね。
10円玉や重曹を一晩入れておくのに比べると、臭いを取り除く効果は劣りますが速効性は勝ります。
急に靴を脱がなくてはならない場面などでは大変重宝しますので、鞄に1つ忍ばせておくと安心です。

同じ靴を連続して履かないようにすることも大切です。
どんなに靴のケアをしていても、一晩では靴の臭いや湿気は取りきれません。
その上に再度同じ靴を履いてしまうと、どんどん臭いがキツくなって取れにくくなってしまいます。

日常的に履く靴は何足か揃えてローテーションするようにした方が良いですね。
靴の臭いをつけないようにするためには、足自体のケアも大切です。
雑菌や皮脂が溜まりやすい爪はしっかりと切り、足の間は念入りに洗うように心がけましょう。

いつどこで靴を脱ぐことになっても困らないように注意しておきたいですね。
特にストッキングを履く女性は臭いが強くなりがちなので気を付けましょう!

 

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-lifestyle

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.