アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty

乾燥で顔の皮がむける。原因と対策、教えてNGスキンケア

投稿日:


日焼けで顔の皮がむけることはよくある話ですが、日焼けもしていないのに顔の皮がむけると気になりますね。
今回は、乾燥で顔の皮がむける原因と対策、そのときにやってはいけないスキンケアなどをご紹介しましょう。

■乾燥で顔の皮がむける原因とは?

乾燥で顔の皮がむける原因はどこにあるのでしょう?

乾燥で顔の皮は何故むけるの?

薄い白い皮がむける。
この皮は角質です。
角質は洗顔時に自然に落ちていくものですが、薄い皮となってむけてしまうのは、角質細胞がカラカラに乾いてとどまることが出来なくなって落ちてしまう現象です。

肌内部はこのときどうなっているのでしょう。
  • セラミド不足
    角質細胞はセラミドでくっついています。このセラミドが不足すると皮がむけてしまいます。
    セラミドが増えると肌の乾燥がなくなり角質も元気になります。
    その結果、肌の皮むけもなくなります。
  • 皮脂不足
    皮脂は肌の表面をガードする働きがあります。
    皮脂不足になると、肌表面を守ることができなくなり乾燥肌になってしまいます。

■乾燥で顔の皮がむけたときにやってはいけないこと

  • ゴシゴシ洗わない
  • タオルで拭くとき、擦らない
  • 何度も洗顔をしない
  • お化粧は控える
  • ピーリングはNG
  • オイル成分はNG(ホホバオイル・スクワラン)
  • 界面活性剤入りのスキンケアは使わない

乾燥しているから、オイル成分がいいと思ってしまいますが、皮がはがれているときは逆効果です。
セラミドがオイル成分の入った保湿剤とくっついて流れでやすくなり減少してしまいます。

また、界面活性剤入りのスキンケアも使ってはいけません。
皮脂不足になっている肌の脂質を落とす原因になります。

■自分でできる皮むけ対策3つ

自分でできる皮向け対策があるといいですね。

  1. 洗顔方法を変えてみる
  2. 保湿化粧品はセラミド系を使う
  3. 食生活に気をつける

以上3つの対策があります。

1.洗顔方法を変えてみる

洗顔は、ごしごし洗わない。
ぬるま湯で洗う。
顔の皮がむけているときは、ノーメークがお勧めです。
洗顔フォームやクレンジングもできたら使わない方がいいからです。

2.保湿化粧品はセラミド系を使う

一般的にヒアルロン酸やコラーゲンが保湿には良いかと思いますが、皮がむけているときは、意味をなしません。
セラミドは、角質層の隙間に入っていきます。
そのため保水効果がありお勧めです。

3.食生活に気をつける

セラミド不足なのでセラミドを生成したいですね。
食べ物から増やすには、セラミドを生成するために必要な「フィトケミカル(※)」が含まれている食材を摂るようにしましょう。

※フィトケミカル:野菜や果物に含まれているポリフェノールです。フィトケミカルは、中でも黒い食品に多く含まれています。
黒豆、こんにゃく、ひじき、わかめ、ゴボウ、蕎麦、黒コショウ、小豆などです。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.