アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty health lifestyle

寝ながらできる「寝ながら美容」!足専用の美容法とは?

投稿日:


日々お疲れの足。
眠っている間に足の疲れが取れたら最高ですね。

むくみがある足は、太くみられるだけでなく疲労感が残って身体にも悪影響がでてきます。

そこで今回は、足のむくみや疲れをとって美脚になれる、寝ながら美容を3つご紹介しようと思います。

■足にオススメの寝ながら美容3つ

足のむくみを取り足首もほっそりできる、寝ながら美容を3つご紹介しましょう。

足にオススメの寝ながら美容その①かかとの角質ケア

夏場になるとかかとを出す機会が多くなります。

ガサガサかかとは、見た目も悪くお洒落をしたくてもできなくなったりします。

そこで、かかとの角質ケアをしてガサガサかかとからサヨウナラをしましょう。

夜、寝る前に保湿クリームを塗って靴下をはいて寝ると、角質が柔らかくなってスベスベのかかとになりますよ。

最近は、寝る前に貼るだけでしっとりつるつるのかかとになるという便利な角質ケアのパックも市販されていますので、利用してみるのもいいですね!

足にオススメの寝ながら美容その②足のむくみ対策

足のむくみ対策には直圧ソックスが、効果があります。
直圧ソックスは、足首からふくらはぎにかけて圧力がかけられています。

本来は、下肢静脈瘤や深部静脈瘤血栓の予防に使われているソックスです。
血行を良くしてむくみを解消することから、女性に人気がでているソックスです。

直圧ソックスには、種類があるので自分に合ったソックスを履くようにしましょう。

  • 極弱圧
  • 弱圧
  • 中圧
  • 強圧

以上の4種類あります。強圧が、一番引き締め力が強くなっています。

あまり強い場合は逆効果になってしまうので、自分に合う直圧ソックスを選ぶようにしましょう。

足にオススメの寝ながら美容その③足を高くして寝る

足を高くして寝ることは皆さんご存じだと思います。

でも、実はあまり高くして寝ると足の付け根の静動脈が圧迫され逆効果になってしまいます。
高血圧の方が20cm以上も高くして寝ると、頭痛を起こす場合があるので必要以上に高くすることは避けるようにしましょう。

では、どれくらいの高さが理想的なのでしょうか?

足を高くして寝る理想の高さは?

5cm~10cm以内の高さが理想です。
しかし、20cm以内なら許容範囲です。
前述したように高血圧の方は20cm以上にしないようにしましょう。

あくまでも無理な体制はよくありません。
自然に就寝することが大切です。

自分にあった足の高さが必ずあるので、最初は低い高さから初めて無理のないように就寝をするようにしましょう。

また、市販の足枕も販売しています。
足の疲れやむくみを取るにはオススメの商品です。

通気性が良い棉素材の物を選び足が蒸れないようにすることも大切です。

寝ながら、足のオススメ美容方法をご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty, health, lifestyle

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.