アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty lifestyle

増やしたくない頬のシミ! 原因と対策は?

投稿日:


ac9d98555fdcc08cce8354e99808f5eb_s

シミはどこに出来ても気になりますが、どこから見ても目立つ頬に出来てしまうと特に気になりますよね。

実は頬はシミが出来やすい部位なんです。
頬にシミが出来る原因と、その対策についてまとめてみました。
しっかりと対策をして透明感のある頬を維持しましょう!

頬にできるシミ、5つの原因

老人性色素斑

日に当たってもあまり黒くならない日焼けしないタイプの人っていますよね。
そんな人でも紫外線によるダメージは着実に蓄積しています。
そのダメージが30代以降になると頬骨の上に老人性色素斑というシミとして現れてしまうのです。
若い頃の紫外線への油断が原因と言えます。

肝斑

左右対称に頬に現れるシミは肝斑と言って、普通のシミとは少し異なります。
主な原因はホルモンバランスの乱れであり、生活習慣の乱れや妊娠、出産、加齢などが関わってくると言われています。
どんなに気を付けていても出るときには出てしまう困ったシミです。

ニキビ跡

ニキビが落ち着いてきた頃に、赤黒い跡が残ることがありますよね。
その時に過剰に触ったり、紫外線を当てることによりメラニン色素がニキビ跡に定着してしまいシミに変わってしまうことがあります。
ニキビに対する適切な処置を怠ることで現れるシミです。

 

そばかす

生まれつきそばかすがある人もいますが、20代後半辺りから後天的に頬骨周辺にそばかすが出てくることもあります。
その場合は紫外線、スキンケアの間違い、栄養不足、睡眠不足などによる活性酸素の過剰発生が原因でメラニン色素が増殖することが原因です。

 

色素沈着

皮膚に刺激を与えるとメラニン細胞が刺激されてメラニン色素が増え、そのまま皮膚に定着してしまいます。
紫外線によるダメージの他、メイクによる刺激も色素沈着を起こす原因です。
メイクを落とさずに眠ることでメイクに含まれる色素自体が定着してしまうこともあります。

頬のシミを増やさないために日ごろできること

 

UVケア

ほとんどのシミの原因に紫外線が関わっています。
若いときには気にならなくても、年齢を重ねると当時のダメージがシミとなって現れてしまいます。
将来も美しい肌を保つために夏以外もUVケアを欠かさないようにしましょう。

 

スキンケア

正しいスキンケアで潤いをキープすることは角質層をキメ細かく保ち、肌へのダメージを最小限に留めることができます。
メイクはしっかりと落とし、しっかりと保湿をして肌を健康に保つことでシミのない美しい肌を保つことができます。
美しい肌は一朝一夕では作れないということですね。

 

生活習慣を整える

よく眠り、バランスの良い食事をして十分なビタミン・ミネラルを摂り、ストレスを解消しながら心身ともに健康的な生活をする。
これにより肌を錆び付かせてシミやシワを増やす活性酸素を減らすことができます。
身体が健康でなければ肌も美しくはならないので、自分を労る生活をしたいですね。

 

UVケアやスキンケアは毎日欠かさず続けることが大切なので、肌に合った良いものを選びたいですね。

シミが出来てしまうとそれを隠そうとしてメイクをし、その刺激により色素沈着を起こしてさらにシミが出来る悪循環に陥ってしまいます。
そうなる前に日頃からしっかりとシミ対策をしましょう!

 

 

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty, lifestyle

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.