アラフォー女子のための情報サイト

Hedgehog!

beauty lifestyle

目元にできたシミ 原因は?増やさないためのポイントは?

投稿日:


目元に出来たシミは一気に老け込んだ印象を与えてしまいますよね。
出来るなら何とか避けたい目元のシミが出来てしまう原因や、増やさないためのポイントをご紹介します!

目元にできるシミの5つの原因とは?

肝斑

頬骨の上に出来ることが多い肝斑ですが、目の周りに左右対称の黒いシミとして現れることもあります。
ホルモンバランスや生活習慣の乱れが原因となることもありますが、体質により現れやすい人もいます。

 

色素沈着

顔の皮膚は薄く敏感ですが、目元の皮膚はその中でも特に繊細です。
それなのにアイメイクやそのクレンジングにより強い刺激が加わることが多いのです。
刺激によりメラニン色素が過剰になると、色素が定着してシミとなります。

 

肌老化

年齢を重ねて肌が老化すると活性酸素が蓄積したり細胞が古くなりターンオーバーが遅れることでシミが発生します。
目元周りの繊細な皮膚は肌老化の影響が特に出やすい場所であり、シミが現れやすいのです。

 

日焼け

紫外線によるダメージは皮膚が薄い部分に蓄積しやすく、そのダメージが後になりシミという形で現れてしまいます。
UVカットをしようと日焼け止めを目元周りに強く刷り込みすぎると色素沈着を起こすこともあるので、適切なケアが必要です。

 

クマ

厳密にはシミではありませんが、睡眠不足や栄養不足により目元にクマが出てしまうことがありますね。
血行不良を改善すれば消えるように思えるクマも、放置すると色素沈着を起こしそのままシミのように定着してしまうことがあるんです。

目元のシミを増やさないためにやるべきこと!

 

優しく扱う

目元の皮膚はゆで卵の薄皮と同じくらいの厚さしかありません。
乱暴に扱うとすぐにダメージを受けて、シミの原因となってしまいます。
保湿や洗顔のときには擦らず優しく触れるようにしましょう。
タオルで擦ったりもせず、押し付けるようにして水分を取るようにしてください。

 

正しいUVケア

とにかく紫外線のダメージを与えないようにすることが大切です。
しかしUVカット効果の高すぎる日焼け止めは逆に肌にダメージを与えてしまうこともあります。
日常で使うのなら紫外線吸収剤の含まれないお肌に優しいタイプの日焼け止めを、優しく乗せるようにしてつけるようにしましょう。

血行を良くする

クマを作らないようにするには血行を良くしておくことが大切です。
目元を温めたり、クリームをつけて優しくマッサージをするのも良いですね。
生活習慣や食生活を整えるのもとても大切ですよ。
特に睡眠はしっかりと取るようにしましょう。
どんなに気を付けていてもシミは出来てしまうことがあります。
そんなときにはシミ対策用の美容液を使ってみるのも良いかもしれません。
速効性はありませんが、続けて使うことで少しずつ薄くすることが可能な場合もありますよ。

出来てしまったシミはメイクでカバーしながら、それ以上増やさないための工夫、薄くするための努力をしてみましょう!

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


-beauty, lifestyle

Copyright© Hedgehog! , 2018 AllRights Reserved.